FC2ブログ
日曜日には北海道空知地方の新十津川町が実質主催のピンネシリ登山マラソンで遊んできました。

町中に有るふるさと公園がスタート・ゴール会場でそこから標高1100mのピンネシリ山の山頂へ登り、そこから折り返してくる山頂往復コースです。
テッペンまで片道21kmなので往復でほぼフルマラソンです。
この標高差で制限時間5時間半はけっこうハードです。

いつもの様にワラーチで走ってきました。

DCIM5719.jpg
仲間と合流して朝9時に、ゆる~い感じでスタート。

山頂コースの他に30km・15kmと町民参加の5kmコースもある。

DCIM5720.jpg
全コースが一斉スタートでした。
後方スタートの5kmフラットコース参加の子供達が猛ダッシュで大人達の間をすり抜けていきます。
めんこい、めんこい。

DCIM5722.jpg
ゲストランナーの日ハムのマスコットのB・Bも子供達と一緒に激走されていました。
このB・B、かなりのツワモノと見た。
とても綺麗なフォームで余裕で速い。

DCIM5724.jpg
目指すピンネシリの頂きは雲の中

DCIM5727.jpg
5kmほど田園地帯を走り抜けるとイヨイヨ山岳コースです。

この大会は往復合わせて11箇所あるエイドにスペシャルを置く事ができます。
これはありがたい!
せっかくのサービス、有効に楽しませていただきます。
食いしんぼうは4箇所にスペシャルを預けました。

参加者350人程の小さな大会なのでアットホームな雰囲気が随所に現れてとても気持ち良いです。
20回目を数える大会なので運営もこなれていてストレスフリーです。

DCIM5730.jpg
全てのエイドに置いて有った地元産のミニトマトが抜群に美味しかったです。

DCIM5732.jpg
小川のせせらぎを聞きながら気持ち良く砂利道を走ります。
コースの1/3は砂利道です。

DCIM5737.jpg
先ずは11kmエイドに送っておいたRed Bullで一息。

スペシャルは氷詰めの発砲容器にキープして頂けるのでキンキンに冷えています。
ありがたい!
以前サロマで飲んだ缶をプシュっと開けたら湯気が出て来たRed Bullを思い出しました。

DCIM5738.jpg
しばらくタランクラン走っていると仲間のY田氏、その後からはさとまささんが余裕の走りで下って来られたのでお互いに撮りあっこしました。

DCIM5742.jpg
次の五合目エイドに送っておいたのは、いつもの甘酒。
他のランナーのスペシャルの品からはちょっと浮いちゃったかな?
甘酒は日本が誇る栄養ドリンクだと思います。
発酵食品なのでお腹に優しいしね。

ここ五合目の標高は500mでした。
頂上は1100mなのであと600m登る。
ここは30kmコースの折り返し地点なので距離は15km地点。
と、云う事は残り6kmは1kmにつき100m登るって事?
平均斜度10%って事?
私には走られません!

DCIM5743.jpg
歩きました。

気持ちは走っている気ですけどヒーヒー歩きました。
コース脇に落ちていた木の枝を2本拾ってトレッキングポールの代用にするズルまでしました。
折り返してきた上位の選手達はとんでもないスピードで駆け下りてきます。
「ガンバです」「あと少し」のエール交換をしたのは支笏湖ウルチャレの時以来です。
キツイ往復コースの大会の特徴で楽しいです。
雲の中に入ると涼しかったです。
カーブを曲がってもその先にカーブが何度も何度も現れました。

DCIM5745.jpg
最後は30mほどシングルトラックを登ると頂上です。

DCIM5747.jpg
頂上で腰をおろして大休憩。

ここのエイドに送っておいたのは大きないつもの羊羹。
ヘロヘロで頭パーになっていたので写真は撮り忘れてしまった。

DCIM5748.jpg
雲なので景色は残念でした。

DCIM5749.jpg
私、下りも苦手です。

おっかなくてスピード出せません。

DCIM5753.jpg
前後にランナーが見えない状態がしばらく続きました。

足はボロボロですが、林の中を小鳥のさえずりを聞きながら自然を満喫して走るのは気持良いです。
砂利道に足のワラーチがとられてゴロゴロしてもズルッとしても何のその。

DCIM5756.jpg
不真面目ランナーはコースアウトして小川で顔を洗う。
冷たい清水が気持ち良いです。
そこには小魚が泳いでいました。

そして山もそろそろ終わりのお楽しみの34.5km地点のスペシャルエイドへ、

DCIM5759.jpg
バドワイザー!

DCIM57611212.jpg
ちゃんと用意のコップに入れて、

DCIM57621212.jpg
自然の中で飲むビールは最高!

充分過ぎるエネルギー補給が完了したところで7.5km先のゴールを目指します。

この後は何故かより一層楽しくなって他のランナーとお喋りしたり、
コース上でお仕事中のスタッフの方々にむかって「あと少しですからね、ガンバって下さいょ!」等とほざきながら走りました。

DCIM5764.jpg
見えて来たゴール封鎖30分程前の会場もゆる~い感じで大変良い雰囲気です。
帰ってきたランナー個々へ向けての暖かい場内アナウンスも嬉しいです。

DCIM5765.jpg
ゴール手前の花道では思いかけず仲間とB・Bがお出迎えしてくれていたので、

DCIM5766.jpg
益々嬉しくなっていつもは絶対やらないチョキまで出す始末。

DCIM5717.jpg
参加賞は地元のメロン一玉。
他にもお食事券と温泉入浴券がついて、
参加料3000円はお得です。

大会スタッフの皆さま、新十津川町民の皆さまお世話になりました。
ありがとうございました。
一日一杯遊ばさせてもらいました。
幸せ、幸せ。

Secret