FC2ブログ
2012.12.10 水没
中央図書館の洗面所で携帯を水没させてしまった。
胸のポケットから蛇口の下にガンと。
携帯に当たった水が辺りに飛び散る。

直ぐに救出して意識を確認したが液晶がモーロー状態。
直ぐに拭いて洗面所の手の乾燥機?の温風を当てて蘇生を試みるも、そんな事では効果なし。
「がんばれ!しっかりしろ!」
こんな大変な時にのんびりと本を読んでいる妻の所に行って、妻の携帯から私の携帯に呼びかけを試みるが液晶がチカチカするだけで呼びかけには答えてくれない。
意識が混濁しているようだ。
急いで近くのドコモへ。
どうにか一命は取り留めたい。
とても美人の店員さんが「本体は諦めてもデータだけは助けられるかもしれない」と。
救急処置としてCDにバックアップを試みるが我が携帯は途中で何度も完全に意識を失う。
「電源が途中で切れてしまう様じゃダメですね」と危篤宣言されてしまう。
ガックリと諦めかけていると、小々美人の別の店員さんが「チョット貸して」と時間のかかるCDに焼くのではなくお店の携帯に直接つなぐバックアップ方法を試みると、これが成功!
バックアップした全データをSDに入れてくれて救命処置終了。
本体は諦める様にとのこと。

この後、既に廃盤だった当携帯と同型機の白ロムを他所で購入して移植作業。
この時期に余計な出費と余計な時間(この後の本体設定がややこしい)をかけてしまった。
妻には怒られるし。

水没した携帯本体はドコモを出て暫くしたら完全にご臨終となりました。
店員さんお世話になりました。
Secret

TrackBackURL
→http://jun24400.blog.fc2.com/tb.php/158-9ef1b2d4