FC2ブログ
東京オリンピックのマラソンが札幌で行われる事が良いのか悪いのかはわからないが9ヵ月後には札幌でマラソンの号砲が鳴る事は確実のようだ。
東京都が怒るのも良くわかるので、将来札幌が冬季オリンピックを引き当てた場合に女子フィギャーを東京にあげる約束で手を打たないだろうか。
競歩の事はよくわからないがマラソンに関してはこの機会を有効に活用してもらいたいと切に思う今日この頃の2019年晩秋。
札幌にはもうすぐ雪が降り積もるので来年3月までの約半年間は実際のコースの地べたを見ることは叶わない。
なんかこのままだと現在の北海道マラソンのコースが踏襲される雲行きなので、もしそうなれば今後二度と北海道マラソンのコースの見直しはなされないのは必至だ。
あの超つまらない北海道マラソンのコース(エイド及び開催内容含む)を見直すチャンスは今しかない。
よって2020オリンピックマラソンコース兼、新北海道マラソンコースをここに提案致します。
コースを設定するにあたり空気頭で考えたこと2ヶ条
一、もうこの際だから多少アップダウンがあったりコース規定からちょいと外れてもしょうがない。
一、北海道を全世界にアピールすべし。その為の出費はしょうがない。



20191028231055b67.jpeg


スタート~10km

スタート会場は札幌競馬場とする。
ゴールも札幌競馬場。


IMG_E5752.jpg
ここは収容人数3万人で1周1,600mのコースと巨大なターフビジョンがある。


当然ながらこのままだと芝のコースなのでキチンと人間が走れる様にシートを貼るなりして整備する。大会が終わったら馬が走れるように戻して道マラの時はまた人が走れる様にする。
外への出入りもこの際しっかり改造しちゃう。
東京都が道路に300億もかけたんだからこれぐらいなら出来る。

スタートの号砲(小池知事が鳴らすのかな?)で3万人の大声援のなかをランナーは1,600mのコースを1周して外に出る。
観衆は目の前をマラソンランナーが5分近くも走り続けるのを見ることができる。
この後もターフビジョンでレースの模様が大写しされます。
競馬場を出てエルムトンネルの上を通って北大構内へ、

獣医学部の農場には牛をずらりと並べる。

バンカラの応援団はだみ声を張り上げて世界中に不思議の国日本をアピールしなければならない。
樽商応援団も協力の事。

広場ではアイヌの踊りが披露されている。
鶴の舞が好きだな~。

IMG_E5782.jpg


突き当たりのロータリーには羊が丘展望台から借りてきた格好の良いクラーク像をロータリーの真中に据え置く。


IMG_E5765.jpg


IMG_E5766.jpg


既存のクラーク像との2体がランナーを見送る形となる。
ロータリーをグルッと一回りしてから、クラーク像が指差す方向に走るとそこは北大正門。
正門がら出て札幌ビール園へと向かう。

ここからの直線道路には北海道内の全てのゆるキャラがずらりと並んで応援だ。
ここぞとばかりにオラがマチを全世界にアピールする。
外国の方には意味不明なキャラは特によろしい。
臼子ねえさんにもがんばってもらいたい。

右折してビール園内に入るとランナーはジンギスカンの良い匂いと煙の中を走ることとなる。
観客にはジンギスカンとビールが振舞われているのだ。


IMG_E5768.jpg


ビール園の中を抜けて北1条通りに出て右折。
暫く行くとランナーは左手に時計台を見ることとなる。
がっかりしてはいけない。
時計台正面向かいのビルの2階のテラスの所にはミス札幌を筆頭に道内各市町村のミス何がしが並んで微笑んでいるのだ。
鐘は暫くまえからか~んか~んと鳴りっぱなしです。


IMG_E5764.jpg


駅前通りをチョッと曲がって赤テラに入ると正面に道庁赤レンガがみえる。


IMG_E5787.jpg


ランナーは赤レンガに向かって走る、世界中にライブ配信されている道庁。
今正に世界が注目しているこの場所に当然ながら喫煙所を作ってはいけません。


IMG_E5783.jpg


赤レンガを左に曲がって大通り公園
ここではビヤガーデンの真っ最中。
今回のラグビーワールドカップではラグビーとビールが一体化していたのでマラソンとビールも当然です。
酔客からの大声援。
風にあおられて飛んだサーバーの泡がランナーの鼻の先をひらり。
ビール好きのランナーには難所かもしれない。


IMG_E5784.jpg


IMG_E5770.jpg


大道り公園の端の札幌市資料館で左に曲がり狸小路の所でランナーは狸小路に入る。


IMG_E6032.jpg


アーケードに入ると大音量で♪ポンポコ~ポンポコ~・・♪を鳴り響かせ全世界に狸小路のその名を知らしめる。
世界中のご家庭のTVから突如流れる♪ポンポコ~ポンポコ~・・♪は人々の頭の中をグルングルンして二日間は脳内エンドレスだ。
特にフランス国民は♪狸小路は~ポンポコシャンゼリゼ~♪のフレーズに感涙し後日大挙して狸小路を訪問することとなるは火を見るよりもあきらかなり。


IMG_E5771.jpg


などと言っている間に早くも10kmを過ぎました。

続く・・
Secret