FC2ブログ
3カ所のワイナリーで飲んで時間も昼時でお腹ぺこぺこになってきました。

DSC01457.jpg


DSC01455_20180807123730366.jpg
車の全く来ない農道をへろへろ走っていると道沿いのお宅の庭から男の子が「がんばってー」と元気な声援くれました。

私、今回も腰にビニール風船を幾つかぶら下げて走っていました。


DSC01474.jpg
今回はタコ

その男の子にタコ風船を見せて「ありがとね、どれが良い?」って聞いたら「これ。」って事なので1個あげました。
子供の笑顔は嬉しいよね。
「ばいば~い」して、やや暫く走っていると後ろから「風船のおじさ~ん!」と子供の声。
振返ったら自転車が追いかけてくる。
よく見ると若い女性がこぐ自転車の前カゴの中にはさっきの男の子がすっぽりはまっているじゃないですか。
そして「風船のおじさ~ん!」と叫んでいる。
自転車が追い付いて、男の子が「これ。」って差し出したのが、



DSC01458.jpg
さくらんぼ!


わざわざ追いかけて来てくれたの?
ありがとうありがとう
おじさん泣きそうだよ。


DSC01460.jpg
これ佐藤錦だよね?
それも特大のだよね?

そばにいたランナー4人で頂きました。
「めっちゃくちゃ旨い!」が皆の一致した意見であります。

はい!
本日のハイライトここに極まれり!
この感動に比べたら申し訳ないですがこれ以外は・・

と嬉しくなって走っていくと、

DSC01461_20180807123753855.jpg


DSC01463_2018080712375612d.jpg


DSC01462_201808071237548bf.jpg
トマトが山の様にある。
私の後ろは後4、5人でお終いの旨を伝えると「どうぞどうぞなんぼでもどうぞ」
ありがとうございます。


DSC01465_20180807124710937.jpg
先を行くワラーチ履きの中ちゃんは砂利道で難儀していました。
「いてててて」って。


DSC01472.jpg
然別駅到着


DSC01467_20180807124711c30.jpg
ここでもゆっくりさせて頂いて、


DSC01469.jpg


DSC01473.jpg
駅舎等覗いたりして暫く行くと、


DSC01475_20180807124736e9a.jpg
ついにお昼ご飯にありつける。


DSC01476_20180807124737a87.jpg
お腹ぺこぺこ。


DSC01478.jpg


DSC01477.jpg
冷やしそうめん


DSC01481_20180807125101879.jpg
旨し!


DSC01484.jpg
暑いにつきビール追加
しかし朝の強者5人組はテーブルに瓶ビール5本立ててラッパ飲みしていました。
流石です。参りました。


DSC01483_20180807125102cf2.jpg
お庭にはアジサイが3000株

「ご馳走様でした~」と走り出すも、


DSC01486_2018080712510543d.jpg
もうほぼ走る力はなくほぼほぼ歩いて、


DSC01496.jpg
最終ランナーとしてゴール


DSC01498.jpg
ニキヒルズ


DSC01489.jpg


DSC01500_20180807125139c91.jpg


DSC01493.jpg


DSC01494.jpg
ジェラードも旨い。


DSC01501.jpg
仁木の街を見下ろして、


DSC01506.jpg


DSC01502.jpg
室内ではコンサート


DSC01509_20180807125406a7f.jpg
撤収のお手伝い(じゃま)をしてから仲間7人と懇親会場の役場にとぼとぼと向かいました。
銭湯に浸かってフォーラムには間に合わなかったけど、


DSC01511_201808071255261c1.jpg
お楽しみの懇親会スタート


DSC01512_20180807125528efe.jpg


DSC01510_2018080712540802d.jpg


DSC01514.jpg


DSC01513.jpg


DSC01515.jpg


DSC01521_20180807125648de3.jpg
北島豚


DSC01522_2018080712565087f.jpg
北島豚!


DSC01516.jpg


DSC01520.jpg
リハーサル中のバケツドラーマー大巨人
本番では迫力ある演奏を披露してくれました。


DSC01524.jpg
帰りは新たな仲間と共にJR

楽しい一日でした。

////////////////

今回もゼッケンをビブに付けたランナースタッフとしてお手伝いさせて頂きました。
中途半端なお手伝いしかできず参加者の皆様には申し訳ありませんでした。
私見ですが白組グループ150名のランナーの皆さんのレベルは今までになく高かった。
すなわち皆さん走力がありスピードが速かったです。
ワイン飲みながら30k走ろうという面々ですから余裕と自信がみられました。
スピード調整も思いのままな感じでした。
私ごときは後方でへろへろ付いていくのがやっとでした。
申し訳ない。
ランナーの皆様、仁木町の皆様、実行委員の皆様、楽しい一日をありがとうございました。

Secret