FC2ブログ
一日一杯遊ばせてもらった翌日
他の処に泊まった方もいるので8:30にゲストハウス余市に集合して、

皆で程近い余市川へ移動して、

DSC00485.jpg
フリースタイルカヌーの体験です。


DSC00487.jpg
真っ先に乗らせて頂きましたが楽しかった~。
やった事のない事するのってとっても楽しい。
子供にかえった気がします。


DSC00491.jpg
交代でレクチャー受けて、


DSC00489.jpg

最後はワールドチャンピオンの高久瞳さんのデモンストレーション

DSC00497.jpg


DSC00499.jpg


DSC00501_201705232109046ad.jpg
ぐるんぐるん回転されています。
これを本当は激流の中でされるというから驚きです。

カヌーの後はワイナリーのリタファームへ
私、自転車ですので皆さんの車移動に遅れないように一足先に走り出しました。

DSC00502_20170523210905b1c.jpg
丘の上のリタファームに到着

皆さんも到着して、

DSC00503_201705232109072d5.jpg
残念、お休みでした。
しょうがないよね~と、

お腹ぺこぺこでBBQ会場へ

DSC00515.jpg


DSC00506.jpg
この豚肉は昨夜の懇親会でも頂いた抜群に美味しい北島農場お肉です。


DSC00523.jpg
北島農場のオーナーが焼いてくれています。
豚を育てた北島さんがその豚の美味しいところをご自身で焼いてくれる。
美味しいにきまっています。


DSC00525.jpg


DSC00512_20170523210928d95.jpg


DSC00520_20170523210953c4e.jpg
オン・ザ・ライスも当然美味しい。


DSC00518_201705232109503d3.jpg
手作りチャーシューがほろほろで


DSC00510.jpg


DSC00508.jpg


DSC00513.jpg


DSC00511.jpg
ワインは一升瓶でごろごろ


DSC00514.jpg


DSC00530.jpg


DSC00519_2017052321095276b.jpg
飲み放題、お肉食べ放題。
これで1,500円はあり得ないです。

////////////

腹一杯食べて、沢山飲んだので、

DSC00540.jpg
帰りは自転車たたんで電車でこっくりこっくり。

////////////

二日間に渡って目いっぱい全力で遊ばさせて頂きました。
マラニック楽しいです。
共通の喜びを感じられる仲間と過ごす時間は至福です。
楽しい仲間と、新たな仲間。
必ずこの地で日本初のメドックマラソンを開催させましょう。
今回のフルーツ王国のお花見マラニックはYouTubeで見られます

さあ次は、去年も参加した9月の浦臼町でのマラニックと、初開催の富良野マラニック、10月の千歳マラニックです。
いったい、どんな仕掛けで楽しませてくれるのでしょうか。
その前に来月はサロマだけどどうなることやら・・・
ゴール後は温泉でさっぱりして、

DSC00437_20170523195752613.jpg
ロビーで手作りの独活の天ぷら等を頂いて、


DSC00441_201705232002043f0.jpg
第2回日本版メドックマラソンフォーラム会場へ


DSC00442_20170523195754987.jpg

メドックマラソン(フランスで開催されるワイン飲み放題のフルマラソン。エイドの数40数か所!)に参加された方の報告や、
フリースタイルカヤックのワールドチャンピオンの方の報告
そして今回のこのマラニックに道外(主に首都圏等)から参加された10名程の方のご感想をお聞きして、
「この仁木余市地区で日本初のメドックマラソンを必ず実現させよう!」の機運高まったところで、

フォーラムの懇親会

DSC00444.jpg
この豚しゃぶ全く灰汁が出なくて物凄く美味しい


DSC00446.jpg
ワインがごっそり


DSC00452.jpg


DSC00450_20170523200646533.jpg
さっき温泉で頂いた天然物の独活の天ぷらも出てきました。
kiyatchiさんもあの後20k以上も走られてから参加されていて沢山お話ができました。
ラジオのパーソナリティーの方や余市中根酒店さんやスキーヤーや色んな方とお話できました。


DSC00465.jpg
最後は音楽と輪で爆発


DSC00468.jpg


DSC00469.jpg

/////////////////

泊まりはオープン前のゲストハウス余市

DSC00471_201705232000021ba.jpg


DSC00476.jpg
まだ誰も泊まったことのないマッサラな宿です。


DSC00478.jpg

気持ちの良いお宿でした。

IMG_4689.jpg


DSC00484.jpg

/////////////////

一日一杯、目一杯、腹一杯遊ばせてもらいました。
翌日は川でのアクティビティとBBQです。
わくわくは続く・・・

さくらんぼ山で美味しいりんごを頂いて、


DSC00370.jpg
園内の急な坂道を走り出すと、


DSC00371.jpg
先導車がトラクターだ。
白バイが先導するのはよく見るけど、トラクターの先導って初めて見ました。
大笑い


DSC00373.jpg
自転車のスタッフも大変だ


DSC00374.jpg


DSC00375.jpg
受粉用の蜂箱


DSC00382.jpg
ワラビがあちこちに生えていて、


DSC00367_201705191917298c1.jpg
こんなに収穫された方も


DSC00385.jpg


DSC00378.jpg


DSC00386.jpg


DSC00388.jpg


DSC00351_20170519191727395.jpg
市街地に戻って


DSC00394.jpg


DSC00391_201705191918132ce.jpg


DSC00396.jpg
ランチ会場のベリーベリーファームレストラン到着


IMG_4700.jpg
ダッチオーブンがずらり


IMG_4696.jpg
ワインもジュースもずら~り
やっほー!

なんと地元のkiyatchiさんもこられていてお話できてテンションあがりました。

IMG_4697.jpg
熱々5種類のダッチオーブンを順に頂きました。
全て食べ放題。


DSC00398.jpg
ほうとう


DSC00406.jpg
美味しい~


DSC00401.jpg
煮込みハンバーグ


DSC00405.jpg
あっちっち~


DSC00402.jpg
カレー


DSC00403_20170519191840ac1.jpg
チキンのトマトソース煮


DSC00413.jpg


DSC00415_2017051919193017e.jpg
豚汁

5種類完全制覇

DSC00400.jpg
おにぎりも2個頂いてお腹一杯!
ご馳走様でした~と走り出す。


IMG_4703 - コピー (2)
今回もスタッフのfbから勝手に画像拝借しています。


DSC00417.jpg


DSC00418.jpg


DSC00419.jpg


DSC00420.jpg
しばらく行くとスタッフの車が停まっている


DSC00422.jpg
ゲートを超えると、


DSC00423.jpg
今は使われていない余市農道空港なのでした


IMG_4699.jpg
皆で手をつないでジャ~ンプ!
Gメン'75か?


DSC00425.jpg
滑走路の向こう端まで走ると、


DSC00427.jpg
余市の街と海が一望


DSC00428.jpg


DSC00431.jpg


DSC00433.jpg
柿崎商店の前を通って、


DSC00434_20170519192237158.jpg
ニッカの前を通って、


DSC00435.jpg
余市川を渡って、


DSC00436_201705191922401b0.jpg
ゴール


IMG_4698.jpg
最後はスタッフとしての任務を忘れてランナー数名より先にゴールして、お迎えアーチにへらへらと参加する始末

いや~あ、楽しかった!

ゴール後は温泉に入ってから、フォーラムと懇親会が待っている。
お楽しみはまだまだ続く・・・

週末は「フルーツ王国のお花見マラニック」で遊んできました。

舞台は余市町と仁木町で、そこの丘陵地帯を駆け回って最盛期のサクランボの花を見つつの、ワイナリー巡りしつつの、美味しいランチしつつの、お喋りしつつの、地元の皆さんと交流しつつの、と、しつつのがてんこ盛りのマラニックです。

///////////////////

札幌の自宅から追い風に乗って自転車で出発。

DSC00261.jpg
張碓峠をひーこら越えて、


DSC00267.jpg
小樽運河で小休止


DSC00268.jpg
廃線の旧手宮線では、今日も一日元気に遊びましょう!
って事で、

DSC00277.jpg
余市町に到着


DSC00280.jpg
余市川温泉がスタート・ゴールです。


DSC00278.jpg
ビンディングシューズをワラーチに履き替えて、
荷物はロッカーで預かってもらえる。

簡単な開会式とルール説明の後はのんびりとスタート

DSC00286.jpg
ニッカウヰスキー工場を左手に見ながら走って、


DSC00287.jpg
何故か墓地に到着

「ニッカウヰスキー創業者の竹鶴さんのお墓を観たい方は行きま~す。観ない方は先に行っくださ~い。」
との事なので当然お墓参りグループに残りました。
しかしここで問題発生。
だれも「竹鶴さんのお墓」の正確な位置を知らないのでした。
早速お墓捜索隊が左手、正面、右手の3方向に分かれて「竹鶴さんのお墓」を探し走るのでした。
墓地のふもとで待機してしていると、程なく左手捜索隊が坂の上の方から大声で「有りました~。こっちで~す」と。
我々待機部隊は左手に直行したけど、ず~っと向こうの方まで行ってしまった右手捜索隊はご苦労様でした。

こういうの好きだな~。
嬉しくなります。
危険を伴わないハプニングは大歓迎です。

DSC00289.jpg
マッさんとリタのお墓


DSC00290.jpg
遠くに余市の町とニッカウヰスキー工場が一望できます。
墓前にはスーパーニッカのミニボトル

墓地を下って

DSC00292.jpg
満開の桜を見ながら、
小休止等しながらスタートから5km程走った処に、

DSC00296_201705181953563b1.jpg
お洒落な建物が


DSC00297.jpg


DSC00298_201705181953595ab.jpg
ワイナリ~なり~

まだ5kしか走っていないのに、

DSC00301.jpg
先ずは泡で、


DSC00307.jpg
かんぱーい!


DSC00305_20170518195421848.jpg
次は白で、


DSC00311.jpg
当然、赤


IMG_4665_convert_20170517175742.jpg
いや~あ、最高です!

ご馳走様でした~と走りだすと、

DSC00294.jpg
ますます花が綺麗だ。

コース設定も素晴らしく、

DSC00323.jpg
川を挟んで右手の舗装道路ではなく、あえて左手の土手を行けと言う。

だんだんと、

DSC00324.jpg
こうなり、


DSC00327.jpg
最後はこうなる。

わっさわっさと蕗をかき分けて、

DSC00329.jpg
結構なアップダウンを楽しんで、


DSC00330.jpg
峠の上からは気持ちの良い景色


DSC00335_20170518195507635.jpg
オープン前のワイナリーでは、


DSC00333_20170518195447179.jpg
とろっと濃厚なリンゴジュースを頂いて、


DSC00337.jpg


DSC00341.jpg


DSC00338.jpg
お喋りしながら走って、


DSC00348.jpg
仁木町役場に到着


IMG_4701.jpg
様々な濃厚ジュース


DSC00347.jpg


DSC00346.jpg


DSC00345_20170518195534fd5.jpg
このトマトジュースは抜群に美味しかった


DSC00344.jpg
ゼリーも頂いて、

ご馳走様でした~と走り出す。

DSC00350_20170518195540bf7.jpg


DSC00355.jpg
羊たちにツーショットをお願いするも、


DSC00354.jpg
断られるの図

私今回スタッフ用のオレンジのビブ着ています。
スタート会場で執行部の方に「スタッフとして、これを着て一番うしろを走るように」とビブを渡されました。
スタッフの印としてニシシのネームプレートも渡されました。
流石、私の行動を良く見ていましたね。
今まで参加した「元気づくり工房」のマラニックでは毎回シンガリ付近をへらへらふらふらと走っていまいた。
あっち行ったりこっち行ったりと勝手気ままにワラーチでぺたぺた走っていました。
しかし食べ物があるエイドには真っ先に飛び込む無作法ぶりでした。
そんな不真面目なおっさんが、また参加する事を察知した執行部は、
私の行動を抑制すべくケツモチの役を与えたのでした。
他の役でしたらお断りだけど、「一番うしろ」なら元々の定位置なので何とかなりそうですしね。

DSC00356.jpg
相変わらず一面花盛り


DSC00362.jpg
さくらんぼ山をひーこら登って、


DSC00365.jpg
到着


DSC00364.jpg
りんごを沢山頂きました
シナノスイート
普通の試食用の切り方じゃない大きさが嬉しい


DSC00369.jpg
ご馳走様でした~と走り出す。

続く・・・
素敵なランチを頂いてお腹一杯になったので 「今日のマラニックはこれで終了です。」でも全く問題ないくらい満足でした。
しかし「旭川三大酒蔵巡り&カタクリの花見マラニック」のお楽しみはまだまだ続く

突哨山に登ります。

IMGP0060.jpg


IMG_4441_convert_20170502203627.jpg
残雪を見ながら登り始めて程なく、


IMG_4424_convert_20170502203407.jpg
カタクリの群生地


IMGP0092_20170504070832dde.jpg
登山道の両側が一面カタクリ


IMG_4447_convert_20170502203702.jpg


IMG_4451_convert_20170502203752.jpg
ヘボカメラマンではとても伝えられない綺麗さです。


IMGP0071.jpg
比布側から登ったので頂を超え旭川斜面を下り進むと、


IMGP0085_20170504070829462.jpg
エゾエンゴサクの絨毯


IMGP0087.jpg


IMG_4435_convert_20170502203523.jpg
福寿草も、


IMG_4438_convert_20170502203555.jpg
キクザキイチゲも、


IMG_4557.jpg
ニリンソウも満開。


IMGP0067.jpg
スタッフの方は花を写さなきゃならないし参加者も写さなきゃならないしで大忙し。

皆で「綺麗だね~」を連発しながら山を下っての田園地帯は、

IMGP0097_201705040708332b1.jpg
田起こしの真っ最中
ザ・北海道だ
向かい風だけど青空が気持ちいいです。


IMGP0099.jpg
皆さんに遅れないようにヒーコラしつつも、


IMGP0106_20170504070913944.jpg
河川敷の一本道が気持よくて、


IMGP0107_2017050407091547a.jpg
川の町旭川らしく橋を幾つか渡ると、

遠くに男山酒造の看板が見えた。
すると突然、集団のペースが上がて、


IMGP0108.jpg
男山酒造到着


IMGP0114.jpg
早速試飲


IMGP0113.jpg
数種類を試飲させて頂いて嬉しくなって、


IMG_4456_convert_20170502203819.jpg
有料のショットも頂く。


IMG_4458_convert_20170502203908.jpg


IMG_4459_convert_20170502203933.jpg
楽しい企画をして頂き有難うございます。
カンパーイ!

店内でへろへろとお喋りなどして外に出ると、


IMGP0117.jpg
何故か竹箒を持っている大将と、何故か頬かむりしているコソ泥風がいた。
このコソ泥風は昨年、走って日本一周をされたというからぶったまげです。


IMGP0119.jpg
・・・・・・


IMGP0110_201705040709187dc.jpg
名水も補給させてもらって「さあ、次行こう」って事で、


IMGP0127_20170504071002cc2.jpg
皆さんを必死に追いかけて、


IMGP0130.jpg
高砂酒造
先着の女性グループが私を手招きでお迎えしてくれて、


IMGP0133_20170504071034e36.jpg
早速試飲


IMGP0132_2017050407103264f.jpg
どれもこれも美味しいです。

ここは有料試飲は無かったので、

IMGP0136_20170504071035c5b.jpg
蔵元限定の酒饅頭「アサヒカムイ」を頂きました。


IMG_4465_convert_20170502203959.jpg
酒粕ソフトも美味しそうです。


IMGP0139_20170504071037c4f.jpg
ここでも名水を補給して、


IMG_4558.jpg
足腰の立たなくなった酔っぱらいは放っておいて、

最後はビシッとよたよた走って、

IMGP0141_201705040710380c2.jpg
この後の懇親会に備えてビールはスルーして、


IMGP0145_201705040711015d6.jpg
後方尾で旭川駅に帰ってきてゴール。


IMG_4466.jpg
ゴール後は駅前のホテルの天然温泉に格安で入れて頂いて、


IMG_4468_convert_20170502204117.jpg
懇親会開始!
お疲れ様でした~。


IMGP4036.jpg
大好物の牡蠣フライ等を頂いて、

楽しい時間はアッという間に過ぎてお開き。

IMG_4472.jpg
気持ち良くふらふら歩いて旭川駅に着いたら発車まで時間があったので、


IMG_4476_convert_20170502204202.jpg
1人で〆のスイーツ


こんな素敵なお土産まで頂きました。
IMG_4560.jpg
感謝感謝でございます。

///////////////////

スタッフの皆様ありがとうございました。
一緒に走った皆様ありがとうございました。
スタートから懇親会まですき間無く楽しませて頂きました。
とっても楽しい一日を過ごす事ができました。
北海道万歳!
走れることに感謝感謝!
幸せだな~。

さあ、次は2週間後に余市・仁木で開催される「フルーツ王国のお花見マラニック」です。
わくわく、わくわく、わくわく・・・


連休の初日には旭川市で開催された「旭川三大酒蔵巡り&カタクリの花見マラニック」で遊んできました。
昨年9月には同じく「元気づくり工房」が主催し浦臼町で開催された「浦臼ともだちマラニック」に参加してとっても楽しかったので
旭川開催に申し込む事に一瞬の躊躇もありませんした。

///////////////////

集合場所は朝9時のJR旭川駅

IMGP0031.jpg


IMGP0028.jpg
お約束の円陣


IMGP0036_2017050117253333a.jpg
和気藹々とゆる~い感じで走り出しまして、


IMGP0035.jpg


IMGP0033.jpg
彫刻や記念碑が有ると、


IMG_4494.jpg
記念撮影

ここで突如、男性ランナーの1人に同行のスタッフの方が変なヅラと変なスカートを強引に着けさせた。
「これは持ち回り。次はこの人(ヅラの人)が次の人(犠牲者)を指名する様に。」との旨のルール説明がされた!
「聞いてないよ~」

IMGP0038.jpg


IMGP0034.jpg
サポートカーがしっかり援護してくれているので安心です。


IMGP0040.jpg
明治時代の北海道開拓史の偉人永山武四郎の像の前で説明を受け、


IMG_4493.jpg
皆でパシャリ
(注)この画像を含め今回の画像の多くはスタッフの方が撮ってくれたのを無断で使っています。

と、ここで2番目の犠牲者に私が指名されてしまつた。

IMG_4491.jpg
なんか妙に似合っている。

最初はこんな格好で走るのが恥ずかしかったけど、

IMGP0043_20170501172626c6e.jpg
途中からは、なんか楽しくなってきて、


IMGP0044_201705011726278a2.jpg
街中を越えたこの辺りからは変な高揚感が沸いてきて、


IMGP0042.jpg
信号待の車の中の子供に向かっては手を振りだす始末。
なんか気持ち良いぞ!


IMG_4402_convert_20170501061209.jpg


IMG_4411_convert_20170501061350.jpg
護国の御霊が祭られている神社では罰当たりにもポーズ等して、


IMGP0045_201705011726296ff.jpg
スタルヒン球場到着。


IMGP0046.jpg
大投手スタルヒンを真似ての、


IMG_4490.jpg
投球ポーズがばらばらで情けない限り。

ここでヅラを次の方に泣く泣くお譲りしました。

IMG_4412_convert_20170501061424.jpg
此方の方もなかなかお似合いで、


IMG_4489.jpg
次々に犠牲者が代わって、


IMG_4488.jpg


IMGP0049_201705011727288bc.jpg
コースは郊外の直線道路へ。


IMGP0048.jpg
雨の天気予報が外れて青空がとっても気持ち良いです。


IMGP0050.jpg


IMG_4414_convert_20170501061500.jpg
旭川刑務所を超えると、


IMGP0061_2017050117281563e.jpg
本日のメインイベント「カタクリの花見」の突哨山(トッショウザン)登り口に到着

ここまでの距離は約15k超程です。

そして「ここでランチにしま~す」と、

IMG_4487.jpg


IMGP0054.jpg
全てスタッフの手作りです。


IMGP0055.jpg
これも、


IMGP0058_201705011728126d9.jpg
これも、

ぜ~んぶ手作り。
美味しい。

オニギラズ2個と焼きそばパン1個頂きました。
ランナーがランナーの事を思って作ったランチ。

IMGP0059.jpg
美味しかった!
ご馳走様でした!

後編へ続く・・・