FC2ブログ
盤渓北ノ沢トンネルを走ってきました。

IMGP3963.jpg
今月始めに開通したばかりの札幌市最長となるトンネル。
激坂の小林峠をパスする1612mのトンネルは車には快適だろうが、はたして人(歩行者や自転車)にも優しいのか。
などと、大そうな事ではなく、雪のない道をワラーチで走りたいだけです。


IMGP3967.jpg
車を盤渓スキー場に置かせてもらって、


IMGP3950.jpg
1k程雪道を走って、


IMGP3954.jpg
盤渓側入口


IMGP3956.jpg
歩道は片側のみ。


IMGP3957.jpg
途中で区境を超えて、


IMGP3960.jpg
出口が見えてきました。


IMGP3961.jpg
北ノ沢側入口


IMGP3965.jpg
帰りは緩い登りです。
1~2%勾配でしょうか。

////////////

(ランナーとして)
歩道の幅は2m超程あるので人と人はストレス無くすれ違えれそうです。
他ではよくある壁からの邪魔な突起物(何かのケース類)は無いです。
下はアスファルトではなくコンクリートなので硬いです。
ガードレールが車道側にオフセットされいるので安心感あります。
LED照明は明るいです。
換気は基本的に盤渓側が北ノ沢側より高いので煙突効果が有りそうです。
開通してまだ2週間程なのに泥が堆積し始めている所がありました。
空き缶、吸殻も落ちていました。

(自転車乗りとして)
車道の路肩は無いです。
カーブでインだとブラインドコーナーになります。
安全面では歩道を通った方が良いかも。
盤渓側から入ると反対車線側にある歩道に移動する際にはかなり注意が必要です(カーブで車が見えないので音だけが頼りです)。
路面のコンクリートパネルは車道の1枚は長いけど歩道のは経費削減の為か車道1枚分の長さあたり4枚と短いです。
そのパネルには細い横溝がびっしり入っています。
故に結果、パネルの継ぎ目による突き上げと横溝によるばたつきが不快だと思われます。
トンネル内が明るい為か無灯火の車が他所より多いように感じました。
トラックの巻き込みの風はあまり感じませんでした。

///////////////

今日走ってみて、久しぶりに雪の無い道を走られた喜び半分、うるさくてつまらない所走った感半分でした。
早く春にならないかな~。

札幌市の全10区の神社を走って廻ってきました。

実は先月の1月5日にも挑戦したのでした。
初詣RUNとして。
その際、5区目の厚別神社から次の大谷地神社に向う際にカメラを何処かに落としてまった。
大谷地神社に着いた時にカメラが無いことに気が付いた。
疲れと共にどっと気が抜けて心が折れました。
南郷18丁目から地下鉄であっさりと帰ってきたへたれです。

悔しかったので再挑戦です。

////////////////////

先ずはお膝元の西区の西野神社に向います。

IMGP3862.jpg
琴似発寒川を渡って、


西野神社
IMGP3865.jpg


IMGP3863.jpg

西区クリアー!
【 西区・中央区・南区・豊平区・清田区・厚別区・白石区・東区・北区・手稲区 】


IMGP3868.jpg
川沿いのサイクリングロード?を走って、


中央区代表の北海道神宮
IMGP3872.jpg


IMGP3873.jpg
【 西区中央区・南区・豊平区・清田区・厚別区・白石区・東区・北区・手稲区 】



IMGP3871.jpg
今回はワラーチでなくてシューズ履いてます。
今日の予想最高気温が1℃と暖かいので道がザクザクで場所によってはジャブジャブになるはずです。
よってヘタレの根性無しはワラーチやめました。


南区に向う途中に、


IMGP3874.jpg
伏見稲荷神社に寄り道して、

上山鼻神社

IMGP3876.jpg
小さな神社です。


IMGP3877.jpg
参道は膝まで雪に埋まりました。


IMGP3878.jpg


IMGP3880.jpg
【 西区・中央区南区・豊平区・清田区・厚別区・白石区・東区・北区・手稲区 】


IMGP3883.jpg
ミュンヘン大橋を渡って、


西岡八幡宮
IMGP3888.jpg


IMGP3886.jpg
【 西区・中央区・南区豊平区・清田区・厚別区・白石区・東区・北区・手稲区 】


IMGP3890.jpg
札幌ドームの脇を走って、


厚別神社
IMGP3893.jpg


IMGP3894.jpg
清田区なのに厚別とはこはいかに?

【 西区・中央区・南区・豊平区清田区・厚別区・白石区・東区・北区・手稲区 】

「カメラ落ちてないかな~」ときょろきょろ走って、


大谷地神社
IMGP3899.jpg


IMGP3898.jpg
【 西区・中央区・南区・豊平区・清田区厚別区・白石区・東区・北区・手稲区 】


ここまでに、

IMGP3885.jpg
こんなのと、


IMGP3897.jpg
こんなのや、


IMGP3910.jpg
こんなのを食べて、


白石神社
IMGP3901.jpg


IMGP3900.jpg
【 西区・中央区・南区・豊平区・清田区・厚別区白石区・東区・北区・手稲区 】



IMGP3903.jpg
東橋を渡って、


札幌諏訪神社
IMGP3907.jpg


IMGP3908.jpg
【 西区・中央区・南区・豊平区・清田区・厚別区・白石区東区・北区・手稲区 】


IMGP3911.jpg
北大構内をへろへろ走って、


新川皇大神社
IMGP3914.jpg


IMGP3915.jpg
【 西区・中央区・南区・豊平区・清田区・厚別区・白石区・東区北区・手稲区 】

残りは手稲区だけ、

IMGP3918.jpg
ここからは本気でへろへろとなって、


手稲神社
IMGP3927.jpg


IMGP3926.jpg
ぶれぶれ~

【 西区・中央区・南区・豊平区・清田区・厚別区・白石区・東区・北区手稲区 】

やった~!
10区の神社のコンプリートRUN完了!

この後はバスに乗って帰ってきましたとさ。

///////////////

と、ここで賢兄の皆様はお気付きでしょうが、
「なぜバスになんか乗る。逆廻りにすれば西野神社がゴールになるじゃないか。なぜキチンと一周にしない。」と。
そこは私、根っからのヘタレの根性無しですのでお許し下さい・・・・

2017.02.10 はしまや
札幌市中央区のはしまやに行ってきました。


IMG_3911_convert_20170210185227.jpg
カツカレー

と、思った方は半分正解で半分ブー
正解は、カツカレーラーメン
ライスじゃなくてラーメン

IMG_3914_convert_20170210185257.jpg
揚げたてトンカツがドカンであっちっち。
使い込まれたラーメン丼の上で福神漬ががんばっています。
レンゲがカレーに刺さってミスマッチ感あります。


IMG_3917.jpg
そして中には大量のラーメン。
大盛にしたので麺がびっしり詰まっていました。


IMG_3923.jpg
ベースは塩。

なかなかの実力者でした。
これにライスをたのんで、これをおかずにライスを食べるカツカレーラーメンライスってのも面白いかしんない。

美味しくご馳走様でした。

IMG_3908_convert_20170210185200.jpg


IMG_3922_convert_20170210185353.jpg


IMG_3920_convert_20170210185330.jpg

2017.02.05 D×M
美味しいコーヒーを飲みたくなって、
D×M(ディーバイエム)へ行ってきました。

IMG_3886_convert_20170205203232.jpg
ここのフレンチプレスが好きだ。
ここのドーナツも好きだ。
コーヒーが飲めないおばあちゃんはアールグレー。


IMG_3887.jpg
私のココナツのと、


IMG_3888.jpg
妻のグランベリーのと、


IMG_3889.jpg
おばあちゃんのは、きな粉のだったっけ?


IMG_3890.jpg
ご馳走様でした。

2017.02.04 甘いきつね
IMGP3853.jpg
×赤いきつね
〇甘いきつね


IMGP3856.jpg
あちこちにハートが散りばめられたパッケージ。

ピンクのハートのイメージからバニラ風味とかキャラメル味を覚悟しました。
5分間待って食べてみました。

IMGP3859.jpg
香りもお味も普通に和風でした。
お揚げにも特段変化は見られない。
もっとドカンと甘さが来るのかと思っていましたが、ちょっと来る位でした。
妻は「甘いわよ~」と言いましたが、私にはこっちの方が塩っぱくなくて好きかも。

IMGP3842.jpg
リボンナポリンのカツゲンが出たというので早速買ってきました。

どちらも北海道民なら誰でも知っている飲み物。
早速飲んでみた。

IMG_3881.jpg
リボンナポリン味のカツゲンであり、
カツゲン味の気の抜けたリボンナポリンとも言える。
リボンナポリンとカツゲンをたして2で割った感じ。(まんまじゃん!)
美味しかったです。


昨夜は六花亭本店に柳家小三治を観に行ってきました。

IMGP3843.jpg


IMGP3848.jpg
開演前には別フロアーでお菓子のサービスがありまして、


IMGP3847.jpg
妻と二人で美味しく頂いてから、


IMGP3849.jpg
6階のふきのとうホールへ。


IMGP3851.jpg
柳家一門の十八番の滑稽話は何度聞いても笑えます。
77歳の師匠の枯れ具合と話の間は流石、人間国宝でした。
久しぶりのホール落語。
客がちょっと軽かったけどとても楽しい時間でした。