FC2ブログ
2月21日
抽選倍率4.3倍をかいくぐって京都マラソンに参加してきました。
札幌から前日入りして受付会場へ。


IMG_0095_convert_20160225153947.jpg
16,000人が昨日と今日の二日間で受付をすますので大変な人だかりです。


IMG_0105_convert_20160225154126.jpg
エキスポのおこしやす広場は付添の方も入場できるのでより一層お祭り騒ぎ。
屋台やテナントが沢山出ていました。


IMG_0108_convert_20160225154212.jpg
私の応援団3名もあっちをキョロキョロこっちでキョロキョロ。

////////////////////////

大会当日は心配された前日の雨も上がって良い天気です。
朝の気温は3℃で寒いです。
でも雪が無いので気分はわくわく。


IMG_0123_convert_20160225154247.jpg
スタート会場の最寄駅の西京極は普段は急行や特急は止まらないけれど今日だけは全て止まります。


DCIM1551_2016022522022711d.jpg
スタート会場とゴール会場は別なのでゴール行きの荷物を預けてから陸上競技で整列します。


IMG_0129_convert_20160225154338.jpg

9時にスタート。

DCIM1561_20160225220231e7e.jpg
この中のどこかに我が追っかけ応援団もいるはずです。


DCIM1563_201602252202317d3.jpg
競技場を出て嵐山方面へ向かいます。


DCIM1565.jpg
今回も当然ワラーチです。


DCIM1567_20160225220656104.jpg
桂川沿いに遡上して、


DCIM1569.jpg
渡月橋。


ランナーの仮装禁止との事なので今回は見掛けの面白いランナーは少なかったです。
その代わり沿道の仮装は華やかです。


DCIM1571_20160225220722723.jpg


DCIM1572_20160225220724586.jpg


DCIM1602_201602252224517f1.jpg

都市型マラソンの良い面としての沿道での応援がとても嬉しいです。
近隣にお住まいであろう方々の暖かい声援とハイタッチが疲れを忘れさせてくれます。
日曜日の長時間にわたる道路封鎖により迷惑や不便を被っているにも関わらず、沿道に出てきての「おこしやす」には疲れた顔等出来る訳がありません。
スタートからゴールまで賀茂川の河川敷以外(実際にはここにも応援の方々がいらしていてびっくりでした)切れ目なくの応援には足を引きずる訳にもいきません。
第一わざわざ札幌から京都まで来たのは楽しく走る為であって歩きに来たわけではないですし。

かわいい小さな子が多かったです。

DCIM1564_20160225220653d2e.jpg


DCIM1585_20160225221151f33.jpg
走るスピードなど気にしません。
喜んで腰を折ってスピードダウンして小さなお手手にチョンとします。
(これ、のろい事の言い訳です)


20160226.jpg
ワンコは迷惑顔でした。


DCIM1588_20160225221409cc3.jpg
仁和寺


DCIM1589_20160225221409bb1.jpg
法螺貝での応援「ヴオオ~~、ヴオオ~~」は初めての経験でした。


IMG_0135_convert_20160225154400.jpg


DCIM1579_20160225221148313.jpg
梅が咲き始めていました。
雪だらけの世界からきたので素直に嬉しいです。


DCIM1573.jpg


DCIM1574_20160225220727c50.jpg


DCIM1578_20160225221147d5e.jpg


DCIM1580_2016022522114973a.jpg
イエーィ!


DCIM1586_20160225221406cce.jpg


DCIM1601.jpg
今宮神社


DCIM1598.jpg
大文字


DCIM1591.jpg
イエーィ!


DCIM1587_20160225221406e4b.jpg


DCIM1590_20160225221855e70.jpg


DCIM1592_201602252218582fb.jpg
イエーィ!


DCIM1606 - コピー
知らない女性が私の名前を出して応援されていた。
嬉しくなってしっかり名乗ってお礼を申し上げました。


DCIM1616.jpg
相変わらずイエーィ!


DCIM1609_2016022522245504f.jpg
エイドも充実していました。


DCIM1612.jpg
亀田製菓がパートナー協力しているのでハッピーターンがあちこちのエイドで山盛でした。


DCIM1634.jpg
酢コンブって初めてかも。


DCIM1614.jpg


京都マラソンは「マイボトル持参のランナーには直接給水します。」との事なので、
DCIM1568.jpg
当然いつもの湯呑を腰のボトルポシェットに突っ込んで走りました。
これで飲むと、と~っても美味いんだな~。
(妻には自宅で荷造りしている時にこれを発見されてしまい一悶着したゆえんの品です)


DCIM1615_20160225222620166.jpg
イエーィ!


DCIM1582_20160225221150cea.jpg
裸足ランナー発見。
自分はこれ10~15kmが限度です。
ふくらはぎパンパンになるんだよね。

3か所目の折返しを過ぎて本日のお楽しみメインエイドステーションへ。

DCIM1618_2016022522262271b.jpg
八ツ橋だ!


DCIM1619.jpg


DCIM1621.jpg
全種類制覇して、美味しかった!
ご馳走様でした。


DCIM1622.jpg
八ツ橋の後は京都府立植物園内を走ります。


DCIM1623.jpg


DCIM1628.jpg
梅が綺麗だ。


そして、
IMG_0140_convert_20160225195857.jpg
祗園甲部芸舞妓による囃子「越後獅子」演奏
本日のスペシャル応援スポット。


賀茂川河川敷をへろへろ走り抜けて、
DCIM1631_201602252234352d9.jpg
京都御所


IMG_0141_convert_20160225203854.jpg
京都市役所


5カ所ある最後の折り返し、
DCIM1637.jpg
ここも、ハッピーターン!


またまたちょっと寄り道
DCIM1638_20160225224658f34.jpg


DCIM1639.jpg
「1個だけ下さい。」
「1個売りはできません。6個入りからになります。」
「じゃあ6個入りを買うので5個は後ろに並んでいるお姉さん、宜しかったらもらってくれますか?」
後ろのお姉さん「いえ、私が買う15個入りのうち1個をこの人にあげて下さい。」と。


DCIM1640.jpg
ピントがずれていても美味しかったです。
このご恩は一生忘れませんとも、とっても美人なお姉さんでした。


ワラーチがヘタってきたのでパンパンとうるさいこと。


DCIM1641_201602252247027a2.jpg
京都大学前で才女の方々ともイエーィ!


DCIM1642_201602252250356f9.jpg
ゴール会場の平安神宮へ、


DCIM1644_201602252250370e2.jpg
神宮を背に鳥居に向かって最後の花道


DCIM1650.jpg
ゴールしたら「ミスきもの」のお姉さん達が寄ってきて取り囲まれてしまいました。
(当然うそです。)

/////////////////////

ゴールタイムは0000のゼロ並びを狙ったのにまたまた1秒滑ってしまいました。
IMG_0142.jpg
4と出来ないところがへたれです。

とても楽しい一日でした。
沿道の皆さまありがとうございました。
古都を十分に楽しませていただきました。
旧所名跡が有りすぎて田舎者の空気頭にはどれがどれだか解らないほどでした。
金閣寺等はコースを外れてここを曲がったら後300mってな感じで歯がゆい感もありましたがそれ以上に暖かな応援が素晴らしかったです。

追伸
京都と同じく都市型マラソンの北海道マラソンは時計台をコースに入れねば。
新川通りで距離稼ぎをしてはいけない。
バナナじゃないでしょ。とうきび、ポテト、メロン、ジンギスカン、ラーメンでしょ。
京都マラソンは良いよ~
2016.02.16 デンスケ
札幌市北区のデンスケに行ってきました。

DCIM1510_20160216225901de3.jpg


DCIM1508_2016021622590124b.jpg


DCIM1504.jpg
本日の定食
メインのおかずが選べて塩サバでお願しました。
今日は塩サバの他は糠サンマと鶏の唐揚げとの事。

ご飯は白米と玄米から選べる。
玄米で大盛をお願い。
「大盛には鱈子がのるけど魚卵は大丈夫か?」と親切です。
出汁巻きも煮物もコロッケも山かけも全て優しいお味です。


DCIM1505.jpg
奥のは連れの普通盛り。

11:30開店とほぼ同時に入店しましたがカウンター12席が直ぐに満席となりました。
カウンター内の大将が客の注文を一通り聞いてから順番にこの御膳の箱に料理を盛りつけていく様は(造り置きではない)見ていて気持ち良いです。
当然時間がかかります。
満席後に来た馴染みらしき客達は暖簾から首を突っ込んで「やっ。」てな感じで大将に手を上げて帰っていく。
客の回転よりも一人一人の客を大事にするお店です。

とても美味しかった。
ご馳走様でした。