FC2ブログ
2015.12.31 大晦日RUN
ワタクシ、親の代から北海道生まれ北海道育ちの生粋の道産子です。
当然、大晦日の夜には家族揃っておせち料理食べます。
うま煮もなますも黒豆も・・・・
北海道ですので飯寿司に刺身に茶碗蒸しに・・・・
皆で紅白観ながらわいわい宴会です。
よってその前にカロリー消費しておきましょうか。

コタツから抜け出してスノトレに履き替えて、
DCIM1348_20151231172637999.jpg
いつもの石屋チョコレート

DCIM1349_20151231172640b12.jpg
雪の心配のいらない穏やかな年の瀬です。

DCIM1343_20151231172634d8b.jpg
宮ヶ丘公園を越えて、

DCIM1345_20151231172637e0a.jpg
わんこ達がとっても楽しそうでした。

DCIM1350_20151231172640298.jpg
ホームグラウンドの琴似発寒川沿いをそじょうして、

DCIM1351_2015123117273725f.jpg
西野神社に火が灯って初詣の準備をしていました。

今年も楽しく元気に走られました。
幸せ幸せ。

2015.12.31 雨耕庵
札幌市西区の雨耕庵に行ってきました。

DCIM1364.jpg


DCIM1363.jpg


DCIM1347_201512311418552b8.jpg


DCIM1348.jpg


DCIM1349_20151231141858be6.jpg


DCIM1350_201512311418586a2.jpg
私のもりの大盛・田舎の太打ち


DCIM1358_2015123114200586d.jpg
超太い
しっかり腰があります。
乱切りじゃなく麺が揃っているので乱暴な感じはありません。
もぐもぐしっかり噛んで蕎麦を感じて頂きました。
汁は自己主張が少なく素直に美味しいです。
更科系の蕎麦屋以外での全粒粉系の蕎麦屋で一番好きかもしれない。


妻の、
DCIM1355.jpg
二色(田舎の太打ちと丸抜き)


母の、
DCIM1360_20151231142007108.jpg
月見の田舎(普通)


父の、
DCIM1359_20151231142004019.jpg
かけの田舎(太打ち)


DCIM1366.jpg
美味しくご馳走様でした。

2015.12.30 ポタリング
今日は暮れの大掃除をさぼってポタリング。

雪がちらちらする中、
DCIM1342_201512301758368c9.jpg
いつもの石屋チョコレート


DCIM1343.jpg
北大構内に入って、


DCIM1345.jpg
天気が良くなって快適快適。


DCIM1346.jpg
お腹が減ったのでクラーク会館に行ったら休館でした。
そりゃそうだ。


北大を出て、
DCIM1347_20151230175950471.jpg
清華亭も閉館でした。


DCIM1349.jpg
ここに入ろうと思ったけど行列なので断念。


DCIM1336_201512301758347cd.jpg
サブウェイでランチ
海老アボガトサンドの野菜全部多め。


その後はいつもの、
DCIM1352_20151230175951a90.jpg
琴似発寒川

3時間程大掃除を抜け出して好き勝手したらすっきりしました。
さー、帰ったら車庫の片付けだ。

2015.12.29 ワラーチ
年末はワラーチもお片付け。

DCIM1342_20151229193914e61.jpg
ほとんどのは100均ビーサン製ですけどビブラムのや純革のも混ざっています。
ストックしてあるソールや130cmのシューレースです。


DCIM1342_20151229195939d0a.jpg
ジャブジャブ洗いました。

今年は雪が融けた春から雪が降っている今まで1年間ワラーチでした。
唯一ワラーチ以外で走ったのはアポイ岳RUNの時だけでした。
それでもその時はルナサンダルでしたのでワラーチみたいなもんです。
そして今年はサロマもワラーチで完走できました。
これは自分の気持ち的にはとても大きかったです。
サロマの後は走って行ける所なら何処でもワラーチで行けると確信できるようになりました。
銭函から苫小牧までのオールナイトRUNの時も躊躇なくワラーチでした。
来年もワラーチで、そして全くの裸足で走ろうと思います。
ワラーチは決してゲテモノではありません。
人間本来の真っ当な履物です。

今日は今季初の札幌ドームNIGHT★RUNに行ってきました。

DCIM1335.jpg
1周716mのコンコースを2時間走りました。

DCIM1336_201512262348248f2.jpg
この時期にワラーチでも裸足でも走られます。
楽しかった~。

2015.12.24 どすべ
小樽駅で改札まで15分ほど時間が有ったので、
向かいのスーパーの魚売り場をのぞいていたら、

DCIM1342254.jpg
「どすべ」
初めて聞きました。
どすべってなんだべ?
凄い名前だ。
その切り身はどう見ても「かすべ」
初めは印字ミスだと思いました。

DCIM1342.jpg
同じショーケースに「かすべ」も有ります。
見た目は同じ様に見えます。
「どすべ」98円/gに対して「かすべ」138円/g

聞いてみたら小樽では「どすべ」が「水カスベ」の事で、「かすべ」が「真かすべ」の事ですって。
知らなかったな~

今日は久しぶりに小樽市の日帰り温泉施設の湯の花・手宮店まで走って行ってきました。

朝の気温は-5℃でけっこう寒かったです。
車屋さんに展示してある車は皆霜で真っ白でした。

DCIM1311.jpg
いつもの石屋チョコレートを越えて、


DCIM1318.jpg
朝日を背負っているので長い影がツルツルに凍った道に伸びています。
けっこう滑ります。


DCIM1323_201512231555387b4.jpg
途中で暑くなって帽子を脱ぎました。
濡れた帽子をリュックにぶら下げて走っていたらカチンカチンに凍っていました。


DCIM1324.jpg
張碓峠は雪が少なくて走りやすかったです。
天気も良くて快適快適。


DCIM1325_20151223155540487.jpg
普段は絶対に食べない物を、コンビニの前に座って食べる、非日常がとっても楽しいです。


DCIM1326.jpg
小樽市街に入って目指すは、
先週伺って店のお姉さんと再訪の約束をした「田中酒造・本店」
その際は車だったので試飲できなくて残念でした。
よって今回はそこをスペシャルエイドステーションとして試飲するのが今日のRUNの大きな目標で楽しみです。


湾岸道路を走って、
DCIM1329_20151223155604424.jpg
観覧車がバラバラになっていました。


DCIM1334_20151223155606bd1.jpg
田中酒造の亀甲蔵はスルーする。
ここも試飲できるけど観光バスが入るのでちょっとね。


DCIM1336_20151223155607432.jpg
運河もスルー。


DCIM1337.jpg
そしてスペシャルエイドステーションの田中酒造本店に到着。


DCIM1339.jpg
お姉さんが覚えていてくれた!
「本当に走って来たんですね。」
「今日は試飲していって下さい。」と。


DCIM1340.jpg
期間限定、新酒、甘口等等・・
サシでお酌してくれて色々と説明してくれました。
どれも皆美味しかった。


DCIM1338.jpg
どれにしようか迷ったけど「新米新酒」の720ml四合瓶を購入。
これだと何とかリュックに入ります。
本当は一升瓶のを欲しかったけどリュックに入らない。
かと云ってこの後一升瓶を抱えて走るのは余りにも格好良すぎます。

ここから湯の花までは2km弱も無いでしょうか。
お姉さんがランナー大歓迎だと言っていました。
試飲だけでもOK、又来た時に買ってね、との事でした。
素敵なエイドステーション。
どうもありがとうございました。

その後は気持ち良く残りを走ってゴール。
お湯にしっかり浸かって温まって無料送迎バスで小樽駅まで戻って、
DCIM1344.jpg
JRで琴似まで25分。
あっと言う間の帰路でした。

天気も良くてこの時期としては雪も少なくて走りやすかったです。
小樽側が特に雪が少なかったのでワラーチ持って行けば良かった。
楽しい大人の遠足の一日でした。

2015.12.21 ゆかり
DCIM1074_20151220200221a1d.jpg
ススキノにある、店内に大きな生簀が有るお店で、


DCIM1075_20151220200224ef0.jpg
お祝いの会に出席して、


DCIM1081_20151220200224a9b.jpg
お目出度い料理を美味しく頂き楽しい時間を過ごしました。

会がお開きになって外を歩きながら、
もうちょっとだけ何か食べたいなと。


DCIM1309_20151220200302646.jpg
素敵な幟を発見しました。
2.5倍とな。


DCIM1310_20151220200304eea.jpg
薄野蕎麦「縁(ゆかり)」


DCIM1299.jpg
なかなかのマウンテン。


DCIM1303_20151220200226410.jpg
普通サイズのザルに2.5倍量なのでこぼれてしまって見栄えがちょっとです。


DCIM1305_201512202003007e0.jpg
更科ですがシャキッとしていません。
汁は甘くなく辛くなく。
どっぷりと汁に沈めてもぐもぐと頂きます。
蕎麦湯も更科系ですのでサラッとしていて癖がないです。
店内のスポット照明が赤っぽいのでせっかくの蕎麦の色がくすんでしまうのは残念。

お腹一杯。
御馳走様でした。