FC2ブログ
2015.09.30 松尾芭蕉
札幌市北区の松尾芭蕉に行ってきました。

DCIM0802.jpg
私の肉もりの大盛と妻の胡麻もり普通盛


DCIM0801_20150929213837df0.jpg
肉もり
丼一杯の冷たい蕎麦の上に牛肉・胡麻・葱・海苔がてんこもりです。


DCIM0803_20150929213838fe4.jpg
変わった店名ですね。

メニューも普通の蕎麦屋とちょっと違います。
DCIM0797.jpg


ここの特徴その1
DCIM0798_20150929213835092.jpg
どのサイズも同価格
普通の店では150g~180gが標準なので、ここはかなりガッツリしっかり系のお店です。


DCIM8051_2015092921390482e.jpg
以前一人で来たとき頂いた胡麻もり大盛
ゴマだらけだ。


ここの特徴その2
DCIM8050_201509292139016ad.jpg
蕎麦汁が2種類付いてくる。
手前のが普通の汁で、奥のがラー油仕立ての暖かい汁
その奥の生卵は途中でラー油のに入れて頂きます。

DCIM8495.jpg
ラー油の辛い汁

当然、蕎麦の香りや風味等は求めません。

これも以前に頂いた鶏もり大盛
DCIM8494.jpg

DCIM8496.jpg


DCIM8498.jpg
辛い汁に鶏が入っている。

変わった蕎麦だけど、ガッツリ感が好きです。
2015.09.29 札幌黄
札幌市丘珠のいつもの農家にタマネギの札幌黄(さっぽろき)を買いに行ってきました。
我家のこの時期の恒例行事です。

DCIM0944.jpg
10kg入りです。
お土産も含めて、7袋購入。
見栄えがして、重くて、札幌でしか買えない。

DCIM0948_201509292120031f9.jpg


DCIM0947.jpg


DCIM0943_201509292120001a7.jpg


DCIM0967_201509292120068e9.jpg
丸ごとコンソメ煮

札幌黄は加熱すると素敵に甘くなります。
足がはやくて越冬向けではないので美味しいうちにドシドシ頂きます。
これが食卓に上ると冬がもう直ぐそこです。


2015.09.22 マラニック
ほぼ一ヶ月間全く走っていませんでした。
先日やっと指の固定が取れたので久しぶりに走ってきました。

山を走るのはまだおっかないので、平らな所を選んで走られるマラニックです。
DCIM0939.jpg
向う先は小樽市銭函の海と決めていましたがその後のコースは調子次第ののんびり走です。



DCIM0945.jpg
2時間程で小樽市銭函駅に到着。


道路を挟んで直ぐ海。
DCIM0949.jpg
う~ん!
気持ち良いぞ!


次は砂浜を石狩方面へ5Km程北上する所にある新川の河口を目指しました。
DCIM0951_20150922200920bd4.jpg
波打ち際の砂は締まっていて走りやすいです。


DCIM0952_201509222013195fc.jpg
気持ち良いね~。


DCIM0953.jpg
今年の夏、一度もオープン出来なかった小樽ドリームビーチの海の家。

DCIM0956.jpg
ゴーストタウン


DCIM0954.jpg
砂浜でけっこうヘロヘロになってしまいました。


DCIM0958.jpg
新川河口から日本海を望む。

久しぶりの走りで足が音を上げてきました。
この後は川をソジョウして自宅に戻る事にしました。
DCIM0961.jpg
左端の堤防の外が北海道マラソンのコースの新川通り。
そこはとてもつまらない道なので走るのは堤防の内側の河川敷です。


DCIM0962.jpg
相変わらずキョロキョロして不真面目に走ります。


DCIM0963.jpg
途中から琴似発寒川の河川敷に乗り換え。


DCIM0948.jpg
見かけは美味しそうなハマナスの実


DCIM0959.jpg


DCIM0965_20150922202103a89.jpg
何の実?


DCIM0969_201509222037501f6.jpg


DCIM0974_20150922203752b2b.jpg
北海道では珍しい柿


DCIM0967.jpg


DCIM0977_201509222043586c1.jpg


DCIM0972.jpg
農試公園到着


DCIM0979_20150922203936fa0.jpg
最高気温25℃


DCIM0975_20150922203933b47.jpg
暑い!


ひーこら走って、
DCIM0978.jpg
到着。
これにてソジョウ終了。

いや~、へたばりました。
でもやっぱり体を動かすのは楽しいです。
走る事の出来る幸せを噛み締めました。


2015.09.07 ぶどう狩り
安平町で黒豆の枝豆狩りで大収穫した後はお昼ご飯代わりに、
隣りの由仁町に移動してぶどう狩りをしてきました。

去年、余市で初めて紅伊豆の美味しさを知ってからは、その大粒で濃厚で爽やかなぶどうの美味しさが忘れられませんでした。
調べてみると由仁町の千田ぶどう園で紅伊豆を含む巨大種のブドウが食べ放題できるとの事なので早速行ってきました。


DCIM0859.jpg
お値段はちょっとお高めですが無農薬です。


DCIM0857.jpg
園に有った品種説明書。
この園のブドウは全て大粒巨大種です。
ポートランドやナイアガラ、デラウェア等は有りません。


DCIM0855.jpg


DCIM0854.jpg
お目当ての紅伊豆


DCIM0842.jpg
未だちょっと早かった様ですが、とっても濃厚です。
上のほうの色が濃くなったのから頂きます。
巨大種ですから鋏で房ごと切り取るのではなく一粒ずつ切り取ります。
一年ぶりの紅伊豆に満足満足。


DCIM0844_20150905212544cbb.jpg
藤稔(ふじみのり)
巨峰系の最大種です。


DCIM0843.jpg
アーリースチューベン
小粒のプルーン程もあります。
しっかりした果実でした。


DCIM0846_20150905212545a4e.jpg
名前分からないけどマスカットみたいに香りが良かったです。


DCIM0851_20150905212714c2d.jpg
今日の園一番のお勧めとの事で、案芸クイーン。
皮ごと食べられます。


DCIM0845.jpg
紅バラード

いやー、美味しかった。
満腹です。
どれもとても甘いので手の平ベタベタです。
手の平の糖度も相当なものになりました。

美味しくご馳走様でした。
2015.09.05 枝豆狩り
今日は安平町で枝豆狩りをしてきました。

DCIM0817_20150905203153907.jpg
黒豆の枝豆です。
品種名は「えだぐろちゃん」
鞘が綺麗な緑ではなく茶色かかっています。
大粒です。
味もどっしりして濃厚です。

////////////////

昨日やっと指の抜糸をしました。
固定は後10日間しないといけないので右手はまだ不自由ですが日常動作は大分上手くできるようになりました。


今回の枝豆狩は安平町観光協会の主催で行われる収穫体験の一環で、
定員40名、参加料は一人1000円。
前日に電話で妻とで二口申し込みました。
DCIM0817_201509051939507b3.jpg
安平町役場追分庁舎前に集合は9時30分です。
札幌から1時間程車を走らせて9時過ぎに到着。


DCIM0818.jpg
集合場所から各自の車で3分程移動して枝豆畑到着。


DCIM0821_201509051939531cb.jpg
車を直接畑に乗り入れました。


DCIM0828.jpg
綺麗な青空の下で主催者の安平町観光協会の方がルール説明。
10時開始で12時までの2時間に枝豆を好きなだけ採って宜しい。
枝豆を枝から外さずにそのまま車に積むのはなし。
途中で止めるのも帰るのもご自由に。
鎌も軍手等も用意しているのでご自由にどうぞ。
その後、生産者(畑のオーナーのおじちゃん)が挨拶。
黒豆のえだぐろちゃんは丹波の黒豆を参考にした。
えだぐろちゃんの他にも普通の枝豆もあるのでお好きなのをどうぞ。
鎌で狩らなくても引っ張れば抜けます。
楽しんで下さい。
狩りきれなかった分はそのまま黒豆にしてお正月用にします。
おじちゃんから美味しい茹で方のレクチャーもあって、
和やかな雰囲気の中、狩り開始。


DCIM0829.jpg
参加者同士おしゃべりしながら引っこ抜いたり、運んだりします。


DCIM0832.jpg
実入りずっっしり。


DCIM0833.jpg
採ってきたら枝から鞘を外します。
椅子も袋も用意されていました。


DCIM0836.jpg
子供は半額500円


DCIM0834.jpg
幼児は無料


DCIM0838_201509051940276c0.jpg
2時間はけっこう長いです。
何回も何回も引っこ抜いて運んでは外すを繰りかえしました。
ご近所の子供達は走り回ったり転んで泣いたりしていました。
12時頃に主催者の方が「そろそろ終わりにしまーす。」


DCIM0839_20150905194046ee4.jpg
採りも採ったり妻と2人でダンボール山盛×2の大収穫。

天気も良くて、思う存分楽しませて頂きました。