FC2ブログ
2015.08.26 靭帯断裂
お盆にアポイ岳でこけて右の中指が途中から2時の方向を向いてしまったので自分で12時に戻しました。
薬指も少しそっていたので直しました。

しかし12時を指している中指は横に押すと直ぐに1時を指すのでした。
翌日札幌に戻ってきて整形外科でMRI検査の結果、
両指の横の靭帯が切れている事が判明しました。
「右中指環指PIP橈側側副靭帯断裂」

1週間の固定を経て、
一昨日の月曜から2泊3日の入院で手術して今日退院しました。
何と全身麻酔です。
DCIM0786_20150826212422799.jpg
1時間程で目が覚めました。
モニターの脈拍は42でした。
看護婦さんが「何かスポーツしてるのですか?」
私「少し自転車や走ったりしています。」
看護婦さん「当分自転車には乗れませんよ。」
がっかりです。
「右手を振らなければ走っても良いです。」
なんともはや。

病院で食べた物。

一日目の昼
DCIM0781.jpg
冷やしたぬきうどん
右上の種をかけて頂きます。

一日目の夜
DCIM0783_201508262130152bf.jpg
豆腐のオイスターソース炒め
大好物のナスビが煮物に入ってて美味しかったので、
「ナスビとても美味しかったです。」と書いたメモをお盆に載せて下膳しました。

二日目の朝
DCIM0785_2015082621301619b.jpg
ミートボールおろし煮
と、大好きなナスビのお椀。

二日目の昼は術前なので無し

腹ペコで二日目の夜
DCIM0791.jpg
ほっけの煮付け
と、大好きなナスビの焼いたの。

三日目の朝
DCIM0793_2015082621301952c.jpg
笹かまぼこ
と、大好きなナスビのそぼろ煮
ご飯にかかっているのは優しい看護婦さんがパックの鰹味噌を絞りだしたの。

ナスビ美味しかったです。
きっとナスビが大安売りだったので大量に仕入れてあったのですね。
ラッキー!

残り少ない夏の中をふらふらと走ってきました。

DCIM0576.jpg
朝晩は涼しくなったけど日中は未だ暑いです。

DCIM0580.jpg
ペットショップの店先で睨みきかせていました。

DCIM0581.jpg
怒ってる?

DCIM0573_20150822232244baa.jpg
「とりたて」とは恐ろしい!

DCIM0562.jpg
「とれたて」トマトで一息。

相変わらずキョロキョロしながら不真面目に走ります。

DCIM0680.jpg
民家の庭先で、

DCIM0681.jpg

DCIM0682_2015082223232750d.jpg
北海道では珍しいキウィだ。

DCIM0675.jpg
カミキリがいたので捕まえたら、

DCIM0677.jpg
いててて!
左手も怪我するところでした。

2015.08.22 ちゃーはん屋
札幌市北区の「ちゃーはん屋」に行ってきました。

DCIM0783.jpg
メガ盛

毎度の事ですが大きさが全く伝わりません。

DCIM0784_201508222256194af.jpg
大変美味しく綺麗に御馳走様でした。


ここは店名の通り炒飯のみで勝負しています。
DCIM0775_2015082222561453d.jpg
“FRAIDO RICE ONLY SHOP”とある。

DCIM0776_2015082222561589e.jpg
メニューが又いさぎ良い。

マスターに伺いました。
メガ盛は米だけで800gで具と合わせると1kgですと。
「並盛は茶碗1杯分200gの米。そこから茶碗1杯づつ(200g)増やして大盛・特盛そして並盛の4倍量がメガ盛です。」

カウンター席のみです。
カウンター越しにガンガン、ゴンゴンと盛大かつ猛スピードで炒飯を作っています。
大火力なのでしょう。目の前の空気がゆらゆらしていました。
DCIM0782_20150822225616037.jpg
とても綺麗です。
パラパラです。
ふつうパラパラだと盛った時に山が崩れるのですが綺麗な丸山になっています。
四角い皿がこだわりですね。
炒飯は熱つさが命ですので一気呵成に頂きます。
ぐずぐずしてちゃだめです。
わしわしと休まずに頂きます。
お味も具材もシンプルです。
この量だと美味しくなければ最後まで美味しく食べられません。
余り喉も渇きませんでした。
グリンピースも無し。
技で勝負しています。
この重さを鍋であおるのは重労働でしょう。
炒飯好きには頼もしいお店です。
一本勝負は大変でしょう。
中央区の「やきめし屋」←も炒飯専門で嬉しいお店ですがアレンジ豊富(100種類以上)で潔さはこっちだな。
店舗をチャーハンでも超有名な「宝来」←の近くに持ってきたのは良い根性しています。

2015.08.20
そば哲で美味しいそばを頂いた後は旧早来町の鶴の湯温泉敷地内のハス池を見に行ってきました。


DCIM0754_20150820000232ef1.jpg
初訪問でしたが蓮(はす)がこんなに迫力の有る花だとは知りませんでした。


DCIM0731_20150820000145ac4.jpg
花も大きいし背丈が私より高いのも有ります。


DCIM0734_201508200001475d7.jpg


DCIM0742.jpg


DCIM0737.jpg


DCIM0729_20150820000143b6b.jpg


DCIM0730_201508200001454a0.jpg


DCIM0752_20150820000230d6d.jpg


DCIM0751.jpg


DCIM0745_2015082000022828b.jpg
大量の株が満開のや蕾のや終わったのやらでハスのエネルギーを感じました。

ハス池をゆっくり周った後は、
鶴の湯温泉に入りました。
DCIM0764_20150820001230187.jpg


DCIM0761.jpg
硫黄泉で硫化水素臭のする少しヌメッとする良い湯でした。

ここではやっていないけど「ハス酒」←やってみたいです。

ダイスケさん←、素敵な情報ありがとうございました。

2015.08.18 そば哲
長沼町でえだまめ狩りをした後は、
安平町にまわって1年ぶりに「そば哲」でお昼。


DCIM0719_20150818224214bcf.jpg
二人して心静かにそば茶を頂きながら「狩り」の興奮を静めます。


DCIM0726_201508182242160c2.jpg
妻の辛みそばと私の大もり。


DCIM0728_20150818224217924.jpg
ここの癖のないそばが好きだ。
だけれども今回は指が上手く使えないので箸がそろわずとっても食べづらかったです。
妻が「フォークもらってあげようか?」って言ってくれたけれど、それじゃぁね~。
そばが箸からこぼれるので猪口にそばが大量に残ります。
無粋の極みだな。
それでも旨いや!

2015.08.17 エダマメ狩り
日曜日には毎年恒例の枝豆狩りに長沼町の松村農場へ行ってきました。


DCIM0705_2015081723402236b.jpg
10時開場で10時半に着いたら既に沢山の方が来ていました。


DCIM0710.jpg
カマで刈って指定の1mのロープで束ねれるだけ束ねるシステムで1000円です。


DCIM0713_20150817234050eca.jpg
こんなに採れました。


DCIM0712_201508172340245bf.jpg
今回、ワタクシ、先日のすっ転びで負傷しているので『刈る、束ねる』が出来ません。
よって今回は妻が刈るのをシッタ激励する係に専念しました。
「がんばれ~!」
「未だ束ねられるぞ~!」とかね。


DCIM0714.jpg
その後の『もぐ』なら少し手伝えます。


DCIM0716_20150817234052b71.jpg
こんなに採れました。
5Kg超もありました。


DCIM0707_20150817234023a0e.jpg
トウキビも最盛期。


DCIM0704_20150817234019565.jpg
このスイカは15.5Kgもありました。


その日の晩御飯
DCIM0770.jpg
品種は左から味来(みらい)、初物のサンドイッチマン、ゴールドラッシュ


DCIM0773.jpg
甘くってボール一杯が止まりません。
『食べる』なら任せなさい。

日高の様似町のアポイ岳と吉田岳へ走り登ってきました。

今回はワラーチではなくルナサンダルのトレイル仕様のLunaGordoで登りました。
DCIM0704_20150815201330615.jpg
昨年も同コースを100均ワラーチを履いて吉田岳を目指したのですが、アポイ岳山頂に到着した時点でワラーチが壊れてしまって吉田岳まで行けませんでした。
安物のソールなので斜めに踏ん張った時に紐の穴が裂けてしまうのでした。
手稲山や羊蹄山では大丈夫だったのですが何故かアポイ岳と100均ワラーチの相性は悪い様です。


DCIM0705_201508152013302bf.jpg


DCIM0706.jpg
ワタクシ帰りに、この根っこ地帯でつまずいてすっ転びました。


DCIM0713_201508152013331f5.jpg
アポイは高山植物の宝庫です。


DCIM0721_20150815202444bcf.jpg
小さいので間違って蹴飛ばさない様に気をつけます。


DCIM0716.jpg


DCIM0718.jpg


DCIM0722_20150815202445554.jpg


DCIM0723_20150815202446b32.jpg


DCIM0726_2015081520264136c.jpg
曇っていて景色は今一でした。


DCIM0731.jpg
ヒーコラ登って頂上着。


DCIM0732.jpg
次は吉田岳を目指します。


DCIM0736_20150815202644d6f.jpg
目指すピークは雲の中。

風が強いです。


DCIM0741_201508152026461c5.jpg
カンラン岩の壁を見上げて、


DCIM0745.jpg
ハイマツ帯を抜けて、


DCIM0752.jpg
へろへろと吉田岳到着。

目の前の雲が凄い勢いで流れていきます。
DCIM0754.jpg
2・3度すっ転びながら下りました。

DCIM0757.jpg

DCIM0759.jpg
5合目を下り過ぎると天気が良くなって様似の町並みと太平洋の水平線が見渡せました。


DCIM0760.jpg


DCIM0762.jpg
気温が上がってきて暑いので小川で顔を洗ってクールダウン。


DCIM0763.jpg
シューズ履きではなかなかこうはいきません。
ワラーチ族の特権です。

等と良い気になってきょろきょろしながら気持ち良く走っていると、
さっきの木の根っこ地帯で足を引っ掛けて思いっきり前方にダイブしてしまいました。
ついた右手が滑っていって木の根に衝突して止まるのが見えました。
止まったその手を見ると中指が曲がってはいけない方向に曲がっていました。
第二関節から先が2時を指して停まっていたので牽引して12時に戻しました。
薬指も若干背屈気味だったので牽引。
幸い他の指は大丈夫そうでした。
どこも骨折はなさそうです。
両膝はスパッツが破れて擦過傷で血が滲んでいます。
腕や顔にも土が付いていますが怪我はなさそうで一安心。


DCIM0764.jpg
冷たい小川で充分に冷却。

その後は膝の痛みも加わってより一層おっかなびっくりピョコタンピョコタンと下って、

アポイ山荘の露天風呂で一息。
DCIM0765.jpg
太平洋を望めます。
湯が膝にしみるぞ。
左手は桶に水入れて漬けていました。


///////////

高山植物は数も種類も以前より少なくなった感じでした。
盗掘防止の囲いが痛々しかったです。
それでも蝶や鳥も見る事ができて楽しかったです。

2015.08.12 篠原果樹園
今日は昼過ぎから仕事だったのでその前にサイクリングして遊びました。

行き先は毎年伺っている札幌市の豊滝の篠原果樹園
目的はプルーン狩り

遠回りして自宅の札幌市西区~張碓峠~朝里峠~定山渓~自宅の反時計周りコース。
DCIM0693.jpg
峠をひーこら越えて札幌湖到着


DCIM0698.jpg
最高気温28℃だけど雨模様で蒸し暑いです。
大汗かいています。
汗引きません。


DCIM0736_20150812215439c28.jpg
篠原果樹園着

ビンディングシューズを園の長靴に履き替えて果物狩り開始です。
DCIM0735_20150812220239607.jpg
若女将が「奥さんは元気ですか?」って聞いてくれたけど、
妻は桜系とバラ系のアレルギーが2年前に突如発症して同系列のプルーンやプラムがダメになっちゃいました。


DCIM0726.jpg
♪たわわ~たわわ~たわわ~~♪


DCIM0721_2015081222125933d.jpg


DCIM0723.jpg


DCIM0709_20150812221257eaf.jpg


DCIM0703.jpg
プルーン


DCIM0704_20150812215341569.jpg
プラム


DCIM0707.jpg
ブルーベリー


DCIM0734_20150812220955a3d.jpg
サクランボはこれにてお終い。


DCIM0715.jpg
これぞ正しくジューシー!


DCIM0730_20150812220952715.jpg
木の下のシートにどっかり座り込んで腰をすえて落果を頂きます。


DCIM0728.jpg
完熟して自らシートの上に落ちたプルーンは濃厚です。
幸せ幸せ。


DCIM0722.jpg
山腹からは八剣山が見えます。

お腹一杯パンパンです。
サイクリングジャージですのでモロにトノサマガエル。

1時間以上ゆっくり遊ばさせてもらって、
帰りは白川の札幌市北方自然園に寄りました。
DCIM0741.jpg
ここには大好きな昆虫の標本が沢山あります。


DCIM0739.jpg


DCIM0740.jpg
見学していると天気予報通り遠雷が聞こえてきたので慌てて自転車に乗りました。

結局雨に当たって北海道神宮境内で30分程雨宿りしてからヘロヘロと自宅に帰りました。
次は9月上旬に黒いバイオチェリーを食べに行きたいな。