FC2ブログ
2015.05.31 アスパラ
今日はニセコ方面へ毎年恒例のアスパラガスを買いに行ってきました。

途中の定山渓ではブルベの薄野200←をパフパフ応援しました。
速い選手はもう通過した後でしたが多くの自転車乗りがパフパフに応えてくれました。
雨の中がんばってね~。

真狩村のいつものお兄ちゃんのお店でアスパラ購入と地方発送をお願い。
アスパラの収穫最盛期です。

IMGP0014.jpg
店内ではアスパラの選別と長さ合わせの裁断作業中。

IMGP0016.jpg
切り落とされた端っこの山。
私「これはどうするの?」
お兄ちゃん「畑に埋める。良かったら好きなだけ持って行っていいよ。」
もちろん頂いてきました。

IMGP0023.jpg

IMGP0022.jpg

購入後はお決まりコースの、

IMGP0010.jpg
JINのパン買って、羊蹄山の伏流水を汲んで、豆腐買って、おからもらってと。

IMGP0032.jpg
初訪問のワイス温泉は貸切状態でした。

家に帰ってきてから、端っこを広げてみた。
IMGP0036.jpg
2kgもありました。

IMGP0037.jpg
太いのはこんなにあります。
ググってもレシピが殆ど無かったです。
さて、どの様にして食べようか?

2015.05.29 千房
釧路市の千房に行ってきました。

DCIM7917.jpg
お目当てはミートカツスパゲティ
通称スパカツ

洋食屋さんにして暖簾。
地域の繁盛店です。

注文して5分程で、

DCIM7922.jpg
バチバチ、モーモーと盛大に湯気を上げてご登場。

DCIM7923.jpg
カツスパの大

DCIM7927.jpg
ぐつぐつが跳ねまくりです。
テーブルはおろか服にも飛び散ります。

DCIM7935.jpg
大量の太麺は自重とカツの重さの為か引きずり出そうとすると途中で千切れます。
アルデンテ関係ありません。

DCIM7937.jpg
カツも熱い熱い。

ふーふー、はふはふがご馳走です。
家庭では真似のできない洋食屋さんです。
カツスパの本家の泉屋←と遜色ない美味しさでした。
ボリュームは本家の方があるかな。

DCIM7938.jpg
B級スパゲティの象徴の2点セット。
粉チーズの「マイルド」が嬉しいです。

美味しくご馳走様でした。


2015.05.26 めんめん
滝川市の菜の花畑を見た帰りには、
岩見沢市の「めんめん」で遅いお昼としました。

DCIM8373.jpg
生そうめんを食べさせるお店です。

DCIM8368.jpg
妻の鶏つけめん

DCIM8370.jpg
おばあちゃんのカレーそうめん

DCIM8369.jpg
私の鶏めんと、

DCIM8371.jpg
私のざる

DCIM8372.jpg
腰があるそうめんは初めてでした。
透明感のある綺麗な麺です。
乾麺とは別物の歯ごたえが有ります。
強いて言えば春雨に近い感じでした。
麺好きには、冷たい方が最後まで食感を楽しめます。

お店の雰囲気とシステムや接客は素人的と言うか今一の感じでしたが、
そうめんはとても美味しかったです。

美味しくご馳走様でした。

2015.05.24 菜の花畑
日曜日には滝川市の菜の花を見に行ってきました。

DCIM8346.jpg


DCIM8362.jpg


DCIM8350.jpg
へぼカメラマンでは視界一面に広がる迫力は伝えられません。
菜の花の香りは、はっきり言って臭い。
その匂いも伝えられないのは残念。

夕食は産直所で仕入れた、

DCIM8375.jpg
菜花でおひたし。

DCIM8381.jpg
イッパ100円の激安の極細アスパラでチャーハン

DCIM8366.jpg
美唄市の藤観光で購入した、一つだけ残っていた、とり飯細巻きのお弁当。
売り切れ必至の人気商品です。

DCIM8376.jpg
冷めても美味しい。

DCIM8380.jpg
食後は砂川市のナカヤで購入した、アップルパイとかりんとう饅頭

満足満足。
美味しくご馳走様でした。

今日は申し込んでいた「Audax Japan BRM523北海道400km様似」 ←の日。

でしたが練習不足を言い訳にDNS。
スタートしませんでした。

DCIM8213.jpg
朝5時のスタート地点の札幌さとらんどセンター

ルートは札幌市から様似町までの片道200km。
それの往復400kmのコースを明日の朝8時までに(27時間以内で)帰ってくる。


DCIM8264.jpg


DCIM8268.jpg
参加者は約40名。


DCIM8281.jpg
6時スタート
「いってらっしゃーい!」



皆さんを見送った後に、ここに車を置いて直ぐ側の「モエレ沼公園」 ←をいつものワラーチで走ってきました。

DCIM8308.jpg
外周コースは約4kmですが、
彫刻家イサムノグチ氏が手掛けたので公園全体が芸術作品です。

DCIM8285.jpg

DCIM8309.jpg

DCIM8292.jpg

DCIM8296.jpg

DCIM8301.jpg

DCIM8306.jpg

DCIM8303.jpg
八重桜も最後です。

DCIM8313.jpg

DCIM8317.jpg

DCIM8319.jpg
この白樺林の中のウッドチップコースが好きです。

1時間ほどクルクルと走ってから又「サッポロさとらんど」 ←に戻って走りました。

DCIM8323.jpg

DCIM8324.jpg
9時開園なのお客さんはだれもいませんでした。
貸切です。

DCIM8333.jpg

DCIM8334.jpg

DCIM8336.jpg

DCIM8329.jpg

DCIM8332.jpg
この公園も童心に戻れるので大好きです。

8時まで走って車に戻ったらゲートが封鎖されていて車を出せません。
開門の9時まで居眠りして待ちました。
危なく仕事に遅れるところでした。

2015.05.23 おぼろ月
北見市で朝に走った ←後のお昼御飯には「おぼろ月」に行ってきました。
(今回はデカ盛メニューはありません。普通の食事です。)

DCIM7745_2015042619084273a.jpg

DCIM7746_2015042619084426d.jpg

DCIM7747_20150426190845eb1.jpg
席に着いたらお姉さんが持ってきてくれました。
そば茶とお茶うけの揚げ蕎麦
心静かに頂きました。

DCIM7751_20150426190847ea4.jpg
もり・大盛

上品な端正な蕎麦です。
超極細の麺です。
ツユは癖のない濃いめの感じです。

DCIM7754.jpg
ここまで細い麺は初めてです。
大盛にした為か途中から麺同士がくっついてしまいました。
十割との事ですがそれでここまで細くするのは凄いですね。

美味しくご馳走様でした。

2015.05.22 北見RUN
ナックルで食べ過ぎたので、← 翌朝は北見RUNしてきました。

DCIM7776_20150426220453785.jpg
北見駅前の日の出

DCIM7777_20150426220454f77.jpg

DCIM7779.jpg
駅横の地下道の電飾看板は全部カラ
駅前はもはや繁華街ではありません。
ホテル街です。
寂しい限りです。

気を取り直して、

DCIM7780.jpg
常呂川河川敷を走ります。

DCIM7786_20150426221604400.jpg

DCIM7781.jpg
真青で広い空、冷たく澄んだ空気、野鳥の声、気持ち良いぞー。

DCIM7784.jpg
廃線になって久しい池北線の鉄橋が未だ残っていた。
懐かしいなー。
小学校の就学旅行はこの池北線で帯広から北見まで来て、ここからは貸切バスで阿寒湖に行ったんだ。
そしてその時隣り町の美幌町に住んでいた亡き祖父はそのバスに乗り込んできて並んで座ったんだ。
孫に合いたい一心で。
良い時代だったね。

DCIM7785.jpg
白鳥が渡りの為に飛び立って行きました。

DCIM7788.jpg
ど根性。

宿に戻って
DCIM7774_20150426220451f34.jpg
出張の際にもワラーチはかさ張らなくて、至極便利です。


2015.05.21 ナックル
北見市の 「Knuckle (ナックル)」 に行って来ました。
これもGW前の出来事です。ごめんなさい。

予約して頼んでおいたのは、

DCIM7760.jpg
パーティーバーガー

メニューにはしっかりと「直径26cm重量1kg」と。
これを食べる為には予約が必要なので前日に電話しておきました。

DCIM7761_201504261933499c0.jpg
これまた普通サイズの相似形なので画像では大きさが伝わらない。
ので、




DCIM7759.jpg
マスターに持ってもらった。

普通の店はハンバーガーをボリュームアップさせる手段は縦に重ねて塔の様にそびえ立たせるという簡単な手段を選ぶけれど、ここナックルは違う。
とても手の込んだ素晴らしくインパクトのあるハンバーガーを作りあげた。
こーゆーアホな方向を選ぶ考え方大好きです。
こーゆー美意識わかりますとも。
作っている所も見てみたいものです。
きっと思わず笑っちゃうよね。

マスターが「食べ易くカットしますよ。8っつに?、4っつに?」
ここはやっぱりカブリ付き感を求めて「4っつでお願いします。」

DCIM7765.jpg
なんか、かえって大きくなったんでないかい?
マスターが「これ切りづらいんだよ。」
んだべね。
かりかりベーコンも飛び出ちゃったもんね。

DCIM7770.jpg
ふかふかバンズは焼いてあります。
合挽きのパテ、かりかりベーコン、でっかいチーズ、レタス・・・・・・

DCIM7768_20150426193437a02.jpg
思いっきり口開けてかぶりつきます。
ゆるめのマヨネーズ系のソースが美味しいです。
手も口の周りもベタベタになります。
そんな事気にしないで、両手で持って、噛み付く、喰いちぎる、頬張る。
美味しいです。
こーゆー料理を最後まで食べるのには美味しい事が絶対条件です。
そうでなければ途中で飽きてしまって完食できません。

DCIM7764_20150426193352e36.jpg
お店の雰囲気はこんな感じのハンバーガー専門店です。
コンセプトはバイク。
食事中ずうっとマスターとお喋りしていました。
バイク乗りと自転車乗りは本来は仲良しです。
札幌の近くにこのお店があれば普通サイズ(けっこう大きい)のハンバーガーを普段使いで頂きたいお店です。

美味しくご馳走様でした。