FC2ブログ
今日は2014年の大晦日です。

年越し蕎麦を妻と2人で食べに行きました。
毎年恒例の2人のルールは「今まで行った事のない所」

DCIM7464_201412311924102dd.jpg
札幌市西区の「武柳庵」

DCIM7462.jpg
個室に案内されました。

DCIM7461_20141231192407ccc.jpg
妻の「ねぎだくあぶらせいろ」

DCIM7460_201412311924065ac.jpg
私の「せいろ・大盛」

2人で行くと食べ比べが出来るでのでお得度増しますね。
あぶらせいろ、旨かった!
自宅でも真似してみましょうか。

美味しく蕎麦を頂いた後は、自宅に戻って甥や姪の子供達へのお年玉の用意をしました。

DCIM7453_20141231192404410.jpg
2歳~小3までの7人のチビッコの顔を思い浮かべて詰めるのは楽しいです。
今年は基本的に「妖怪ウォッチ」を入れると喜ばれるのが判っているので楽チンです。
メッセージカードみたいのも入れます。
たとえば、
「お泊り券」―オジチャンのおうちでお泊り出来ます。来なかったらオジチャンが***ちゃんのおうちにお泊りに行きます。
「肩たたき券」―オジチャンの肩を100回叩かせてあげます。
等等・・・・

その後はおせちのお手伝い。

DCIM7470.jpg
大好きな銀杏の殻割りが私の仕事。

その後は妻の「いいかげんに、自分の部屋を片付けなさい!」の声を背中に職場放棄して遊びに行きました。

何時もの宮ヶ丘公園の周回コースをグルグル走ります。

DCIM7465_20141231192507cff.jpg
コース途中の「石屋チョコレートファクトリー」

DCIM7467_201412311925099bb.jpg
異国で年を越す外国の方が大勢来ていました。

その後は風呂に入って、北海道ルールの大晦日から「おせち」を頂いています。

今回のベストおせちは、

DCIM7469.jpg
グレープフルーツ入りなます。
さっぱり、きりり。
甘みがスッキリ。

//////////////////////////

今年も楽しいことが沢山沢山ありました。
幸せ幸せ。
来年も楽しいことが沢山沢山ありますように!

昨日は様似町でマラニックをして遊びました。

DCIM7455_201412291248103b6.jpg
冷たい雨が降っていますが、それはそれで面白いです。

DCIM7456_20141229124811b1d.jpg
今日は凍れが緩んで解氷。

DCIM7478_20141229125226b71.jpg

DCIM7484.jpg

DCIM7453.jpg
この地もご多聞に漏れず少子化で小学校が閉校。

DCIM7472.jpg
廃屋の倒壊・飛散防止に使われているのは漁網でしょうか?

DCIM7457.jpg

DCIM7464.jpg

DCIM7463_2014122912485942c.jpg

DCIM7474_201412291252251f5.jpg

ここ様似町は来年5月実施の自転車レースのブルべの折返し地点。
札幌〜様似町〜札幌の往復で400km。
制限時間は27時間。
どうしましょうか。


暮れの最後の日曜日には様似町のアポイ岳に登って来ました。

DCIM7513.jpg
ジオパーク・ビジターセンター

DCIM7445.jpg
登山口

DCIM7448.jpg
小川で靴底を洗って植物の外来種の持込を防ぎます。

DCIM7449.jpg
林道が気持ち良いです。

DCIM7456_20141228185104755.jpg

DCIM7505_20141228185848aba.jpg

DCIM7450.jpg
登山道にいくつも設置されている、熊除けの鐘

でも、この時期にこれを鳴らすと、眠りについたであろうヒグマを起こしてしまいやしないか?
寝た子を起こして怒りを買うことにはならないか?
よって鳴らすの止めました。

しばらく走っていると、

DCIM7460.jpg
縦の足跡は登山道で人のもの。
横に走っているのは鹿のものです。

DCIM7455.jpg
獣道

DCIM7468.jpg
ひずめがくっきり、蝦夷鹿

蝦夷鹿の姿も見ましたし糞も沢山落ちていました。
足跡はそこらじゅうに有りました。
木の皮を食べた食害の跡も沢山見ました。
遠くからは銃声も聞こえました。

と、余裕で走っていたら、
DCIM7463.jpg
大きさは私の手のひら大。
ほぼ一直線上に並ぶその足跡は人のものでは有りません。


DCIM7465.jpg
それからは鐘が有るたびにガンガン、ガンガンと盛大に鳴らしました。

DCIM7451_20141228185052ec4.jpg

DCIM7458.jpg

DCIM7467.jpg
5合目の非難小屋

DCIM7473.jpg
ここからは林道を抜けて景色が良くなります。

DCIM7477.jpg
森林限界を越えてハイマツ帯となります。
吹き曝しで風がもろに当たって急に寒さが応えます。

DCIM7479.jpg
通称「馬の背」
尾根伝いに一直線に山頂へと走ります。

DCIM7474.jpg

DCIM7503_20141228185802c5c.jpg

DCIM7482_20141228185644f8f.jpg
滑落しないように気をつけます。

DCIM7487.jpg

DCIM7488.jpg
最後の100m程は這い上がりました。

山頂には森林限界の上の地帯なのにダケカンバが出現。
アポイ岳の不思議。

DCIM7500.jpg

DCIM7498.jpg


DCIM7489.jpg

DCIM7447.jpg
登りは半分も走られなくて2時間、下りはノンストップで50分。
アポイ岳を一人占め。
雪も降らなくて、自然を満喫。
楽しかったー。

2014.12.23 近場の山RUN
今日は天気も良いので近場の里山を走ってきました。

自宅から、ちんたら走って先ずは三角山へ

IMGP3584.jpg
ひーこら登って、

IMGP3586.jpg
良い天気だねー。

IMGP3587.jpg
次は大倉山を目指して三角山ピークから尾根伝いにへろへろ走ると、

IMGP3588.jpg
大倉山ジャンプ台の裏に着きます。

IMGP3591.jpg
リフトで登って来た観光客の前に突然小汚いオッサンが現れます。

氷点下の気温のなかオッサンは顔から汗ポタポタさせて、頭から湯気上げて、ハーハーしながら観光客の前に現れます。
その姿は正にヘンタイそのものに見えるでしょうね。

IMGP3590.jpg
お邪魔にならないように急いでトイレをお借りしてからジャンプ台の脇を下ります。

IMGP3592.jpg
道ありませんでした。

IMGP3593.jpg
膝まで雪に埋まって何とか下りました。

その後は市街地を通って円山公園へ。

IMGP3594.jpg
今度は円山を走り登ります。

IMGP3618.jpg
頂上着。

ここでのお楽しみは、小鳥達と遊ぶ事。

IMGP3616.jpg
遠くまで良く見えるネ!

IMGP3613.jpg
おっとっと!

IMGP3611.jpg
いー、やっほー!

IMGP3604.jpg

IMGP3608.jpg

IMGP3600.jpg

IMGP3599.jpg

この後はよろよろとよたり走って自宅に帰って来ました。

やっぱり自然の中を走るのは気持ちが良いです。
楽しい時間を過ごせました。
幸せ、幸せ。

2014.12.21 ニシン漬
1が月前にニシン漬けを漬けました。

DCIM7305_201412091248586de.jpg
父が作って干した大根。
キャベツは札幌大球です。

DCIM7308_201412091249017fe.jpg
ニシンは米の砥ぎ汁に一晩漬けました。

DCIM7309_20141209124903f60.jpg
妻がバキッ!

今回は私が詰める係り。

そして今日、樽から出しました。

DCIM7429_2014122120385689a.jpg
大変良く出来ました◎


2014.12.21 養源郷
札幌市中央区の養源郷に行ってきました。

家族でのお祝い・お礼・忘年会を兼ねて。

DCIM7430_20141221203858c94.jpg
ジャガイモのサラダ
シャキシャキ。
どの様に調理しているのかな?

DCIM7433.jpg
キンシンサイの炒め物
金針菜・キンシンサイはユリ科の花の蕾です。
これ、大好きです。

DCIM7432_20141221203858f29.jpg
エビ・チリソース

DCIM7439.jpg
牛腱唐辛子煮
コラーゲンの塊り。

DCIM7437.jpg
餡かけ焼きそば・炒飯・水餃子

DCIM7438.jpg
小籠包

DCIM7435.jpg
エビ蒸餃子

DCIM7440_2014122120395544a.jpg
湯麺

DCIM7443.jpg
ご馳走様でした!

2014.12.18 三徳
札幌市西区の「三徳」に行ってきました。

DCIM713801.jpg
天丼

見事なマウンテン。
この形状のままでは食べ辛い(山が崩れる)ので上半分を取り皿に退避させると、

47544.jpg
見栄えが悪くなっちゃいました。

てんぷらを数えたら海老・いか・キス・茄子・いんげん・・・・11品ものっかっていました。

さっくりした美味しいてんぷらでした。
基本が蕎麦屋なので副食のてんぷらが変に自己主張していなく食べやすいです。
甘めのたれが良い感じです。
前回頂いたバホそばドン丼もそうでしたが、コメが美味しいと最後まで飽きずに頂けます。

店内は雑然とした無秩序な感じで少し昭和も感じます。
良い意味で客をほったらかしにしてくれる居心地の良さもあります。
ただし女子には不向きかな。
美味しくご馳走様でした。

2014.12.14 小樽RUN
週末は夕方から走る仲間との忘年会がススキノで有りました。
その前に走って遊んできました。

目指すゴールは小樽市手宮の日帰り温泉施設の湯の花。
背中には着替えを入れたリュックを背負っています。
この札幌~湯の花コースは最近、ランナーに良く知られるようになって夏には張碓峠でリュックを背負ったランナーをちょくちょく見かける様になりました。

朝の8時前に札幌市西区の自宅から小樽に向って出発。

DCIM7404.jpg
手稲のシャッターの閉まったペットショップの店先では彼?彼女?が寝ずの番。

DCIM7409.jpg
しばらくすると吹雪模様になってきました。

向かい風なので顔が痛いです。

DCIM7410_20141214163225d60.jpg
高速道路からの排水は氷着いていました。

DCIM7414.jpg
張碓峠

DCIM7350.jpg
3週間前の同じ場所。

その時は未だワラーチで走られたのに。
今回はスノトレ履いて走っています。
ランニングシューズで走るのは今年の4月以来で実に8ヶ月ぶりです。
雪のせいばかりでなく、だんだんと足が重たくなってきました。
それでも新しい雪道に自分の足跡を残して走るのは気持ち良いです。
道路の右側の歩道を走ります。
こっちの方は海が見られて気持ち良いです。

DCIM7412.jpg

DCIM7422.jpg

DCIM7425_20141214163347083.jpg

DCIM7423.jpg

峠を下って朝里のコンビにでエイド
DCIM7419_20141214163343874.jpg
温まります。
カメラが冷え切っていたのでレンズが汗かいてボケボケ。

DCIM7430.jpg
小樽市内の蒲鉾屋さん
揚げたて熱々が凍えた歯にしみて旨いです。
熱さが何よりのご馳走です。

DCIM7432_20141214163515ab6.jpg
小樽運河

DCIM7436.jpg
運河沿いのこの道好きです。

昼過ぎに37Km程走って温泉に到着。
しっかり温まってから大広間でお昼寝。
帰りは湯の花の無料送迎バスに乗って地下鉄の円山公園駅まで帰ってきました。
その後は忘年会。
気が置けない楽しい仲間と美味しい酒飲んで鱈腹食べて。
一日一杯、腹一杯遊ばさせてもらいました。
幸せ、幸せ。