FC2ブログ
石垣島マラソンに行って来ました。

DCIM3095.jpg
千歳~中部国際~石垣島で前入しました。

DCIM3658.jpg
沖縄初上陸。

沖縄本土からさらに400Kmの南の島。
暑い!
温度計は26℃でした。
出発時の札幌の気温は-5℃。
真冬から一気に真夏に。

////////////



翌日の大会当日の朝は小雨

DCIM3209.jpg
スタート10分前の選手控室です。

皆さんノ~ンビリしています。
スタート地点はここから歩いて2~3分かかります。
ここは土禁なので皆さん未だ靴も履いていませんし。
いつもノンビリしている私でもチョットあせりました。
これが沖縄時間でしょうか。
面白い。

フルの部はスタート9時
スタートラインに向かうとスタート時間が違う10Kmの部等のランナーもフルのランナーも皆ごちゃごちゃにかたまっている。
面白い。

スタート後直ぐに土砂降りです。
カメラ出せません。

10Km過ぎ辺りから小降りになってきたので撮影開始。

DCIM3216.jpg
亜熱帯の島らしい石垣を見ながら走ります。

DCIM3230.jpg
初沖縄なので何もかにもが珍しい。

DCIM3221.jpg
残念ながらコースの最初にのみ通る海岸地帯では、
青い海、青い空は雨のため望めませんでした。

15k手前から内陸部へ。

DCIM3226.jpg
雨が上がってサトウキビ畑

DCIM3237.jpg
パイナップル畑

他にも茶畑、パパイヤやマンゴーのハウスがありました。

DCIM3238.jpg
立派なお墓があちこちに。

DCIM3240.jpg
この地帯で一番大きなお墓。
1億円だそうです。

DCIM3162.jpg
昨夜と今朝の食べ過ぎ飲み過ぎのせいか2度も所用でヤシの木陰へ。

コースはアップダウンがかなり有り楽しいです。
島の南側をグルッと一周する。
島特有の強風が吹いたり止んだりも楽しい。

DCIM3164.jpg
ハイビスカスが咲いている。

DSC0318522_convert_20140130232810.jpg
コスモスも咲いている。

DCIM3141.jpg
サトウキビの花も咲いている。

DCIM3610.jpg
名前の知らない花も。

気温が20℃程です。
北海道人には暑いくらいです。

でも、

DCIM3233.jpg
地元のネーネーは「寒いですよ~」と。

今回一緒に走ってくれた地元のA先輩も「寒い寒い」と最後まで雨よけのビニールを着ていました。
昨日も気温26℃のなか車で市内観光してくれた際にもA先輩はフリースを着ていました。

DCIM3224.jpg
ハイビスカスジュース
美味!

DCIM3250.jpg
5キロ毎の全てのエイドに石垣島名産のバナナと黒糖それと石垣塩がありました。
バナナが完熟で甘い!

DCIM3249.jpg
そして全てのエイドにスペシャルドリンクを置ける。
置こうと思ったら5キロ毎の8箇所全てに置けます。
こんな大会初めてです。
珍しく食いしん坊の私が利用しませんでしたが。

DCIM3242.jpg
泡盛の蔵元では私設エイド。
もろみ酢にマンゴージュース。
ご馳走様でした。
 
DCIM3248.jpg
ここも女将直々の応援。
窓のメニューには「ヤギ汁」「ヤギそば」が!

DCIM3246.jpg
不真面目ランナーはいつもの買い食い。
暑いのでマンゴーのアイス。
昨日も食べて美味しかったので狙っていました。
割り箸まんまが良い感じです。

DCIM3223.jpg
皆さん本当に明るいです。

DCIM3236.jpg
小学校ではエイサー。
何故か全員マスク着用。

DCIM3243.jpg
必ずたいこ(パーランクー)を打ち鳴らしています。
リズムが耳にコビリ付いています。

DCIM3251.jpg
サンシンも。

「チバリヨー」が嬉しい。
「頑張れー」よりも軽い感じが嬉しい。


DSC0341122.jpg
走り終わってA先輩と。

DCIM3257.jpg
ゴール後にはサーダーアンダギーが食べ放題。
大皿で二皿有りました。

DSC0334522_convert_20140130232733.jpg
追っかけ応援していた妻と両親がコースの途中で差し入れてくれた地元のお菓子。

DCIM3356.jpg
翌日の石垣島空港。

//////////////

南国の自然の中を走れて楽しかったです。
応援と声援が優しい。
伴走してくれたA先輩と先輩の友人の観光ガイドに「へ~~」の連続でした。
良い思い出ができました。
記録は「サンダルの部、優勝」という事で。


DSC03409.jpg

これから石垣島マラソンに行って来ます。

只今1/25(土)朝5時
千歳空港8時発
札幌との気温差30~40℃!
那覇にも寄って五日程遊んできます。

よって遊ぶのに忙しいのでブログを暫くサボります。
初の沖縄遠征。
ヤギを食べるのが楽しみです。



「サイクルペディア」

DCIM2704_20131208150703b21.jpg
自転車事典とありますが事典ではなく自転車エンスーの著者のコレクション自慢の写真集です。

古今東西から集めた膨大な数の自転車の内の100台が載っている。
エポックメイキングの自転車、限定販売の自転車、変な自転車等がヘンチョコリンな訳で載っています。
日本からも懐かしの三連勝や片倉が載っています。
しかもその全てがメンテナンスされて走らせる事が出来る状態だとは。
私の知人でも自転車が増えすぎて自転車保管用の家を一軒借りた人がいますが、
この著者は桁違いです。

DCIM2707_20131208150654d46.jpg

DCIM2708_20131208150651df8.jpg

DCIM2705.jpg

DCIM2711.jpg

DCIM2712_20131208150727023.jpg

DCIM2710_20131208150732b66.jpg

DCIM2706_20131208150657e26.jpg

これで2800円はお安い。
何度読み返しても飽きません。


たった今、帰宅して、サロマ湖100Kmウルトラマラソンに申込みを試みたら、
「定員に達したので締切」
1月22日20時から受け付け開始で、現在の時刻21時45分。
2時間経たずに受け付け終了。
どうしましょう。



2014.01.21 ポタリング
ポタリングの途中にサッポロ珈琲館でランチ

ここはテラス席が有るので暖かい時期には、たまに自転車のままで利用します。
夏の陽射しの下のパラソル席は大変気持ち良いです。
ところが、この雪の時期にも外にテーブルが置いてありました。

DCIM3061.jpg
ホットサンドのセット

やっぱり、凄く寒かったです。
気温ー6度。
ホットサンドもコーヒーも直ぐに冷えてしまいました。
手袋を脱いだ手が凍えます。
おしぼりはバリバリになってしまいました。
オヒヤの氷がうらめしい。

ウエイターに「今でも外で食べる人はいるのですか?」と聞いたら
「初めてです。席は飾りとして置いて有るもので、実際に使う方がいらっしゃるとは思っていませんでした。」と。

でも外で食べると気持良いです。
向かいの窓ガラスに映りこんているのは札幌時計台です。


2014.01.20 ポタリング
昨日は久しぶりにポタリング(自転車散歩)

先ずは中央図書館に行って落語のCDを返して又借りました。
PCに取り込んだ落語のCDの枚数を先日数えたら800枚越えていました。
1000枚まで貯めてみましょうか。
その後は大通り方面へ。

DCIM3050.jpg
来月から始まる雪祭りの雪像作りしていました。


DCIM3052.jpg
滑り台でしょうか。
寒さが続くと良いですね。


DCIM3053.jpg
ミーハー的に札幌時計台
日本三大ガッカリ名所。


DCIM3063.jpg
北大構内に入ってクラーク像
蛮カラ時代の卒業生から「昔はストームの後に皆でこの胸像にオシッコかけた。」と聞きました。


DCIM3064.jpg
今日はセンター試験当日。
北大構内のメインストリートは車両侵入禁止でした。
車がいないので昨夜の雪が汚れないで路面も真っ白。
デコボコの無い圧雪路はスパイクタイヤが良く喰いつきます。
快適快適。
周回しました。


DCIM306611.jpg
北海道美術館に廻って。
夏だと中に入って遊べるのですが冬はガッチリ着込んでいるので室内は無理です。

走行距離30Km程ですが冬道は夏道の2倍ほどの負荷でしょうか。
天気も良くて、
やっぱり自転車は気持ちいい!







2014.01.17 ナイトラン
先日も札幌ドームのナイトランに行って来ました。
ワラーチと裸足で2時間半。
途中から20名程の団体さんが来て隊列を組んで走りはじめたので、
勝手に暫くくっついて走らせてもらい良い練習させてもらいました。

DCIM3042.jpg
人工の緑でも、無機質感が若干薄らぎますね。

2014.01.15 ジテツウ
冬のジテツウの楽しみの一つ。
保育園児との遭遇。

夏の自転車通勤(ジテツウ)ではサイクリングロードを利用できますが、
冬は雪原になっていて利用できません。
冬のジテツウコースは近所の保育園のお散歩コースと一部重っています。
園児の隊列と遭遇すると自転車を脇に寄せて園児に道を譲ります。
止まってニコニコして見送ります。
着膨れしてヨチヨチ歩く姿は微笑ましいです。
何人かの人懐っこい園児とは顔見知りになって手を振り合う仲です。
でも先生は警戒の手を緩めません。
いつも合う 不意に出没する、怪しいオッサンに注意を怠りません。

DCIM304011.jpg
全員が首から下げているのは、米袋で手作りした「そり」です。
通称「米ソリ」
札幌っ子の必須アイテム。
めんこい、めんこい。