FC2ブログ
2013.09.30 白老
サドルを換えたのでアンバイを確かめたくて白老町へ行って来ました。
久しぶりの長距離です。

DCIM2219.jpg
雰囲気のある社台(シャダイ)小学校
ここら辺りはエリートサラブレットが数多く生産される名称地です。

DCIM2220.jpg
ポロト湖
関連施設の入場料が750円とは如何なものか。

DCIM2228 - コピー
右後ろに微かに見えるのは樽前山
天気が良くて気持ちよい。

サドルは徐々に馴らしていきましょう。

行きは追い風なので鼻歌で吹っ飛んで走りましたが帰りには、キッチリと倍返しされました。


2013.09.28 樽前山
先週には苫小牧市へ所用で行った際に時間が出来たので樽前山でトレイルランニングの真似事をしてきました。

DCIM2240.jpg
ピンボケでは有りません。雲です。

頂上は物凄い強風でした。
風によしかかる事が出来ました。
羊羹の包み紙を飛ばされないようにシッカリ握って食べました。

天気が良いと活火山ならではの溶岩ドームが見られるはずでした。

DCIM2242.jpg
頂上手前から完全に雲の中

DCIM2244.jpg
途中からの支笏湖の眺めも半分雲の中

樽前山に登るのは2年前に妻と登って以来。
心拍数は、バクバクです。
久しぶりの山走りはやっぱり気持ち良かった。




苫小牧市へ妻と所用で行った帰りに早来(ハヤキタ)に回って新そばを食べてきました。
「そば哲」
1年ぶりの再訪。

DCIM2229.jpg
期間限定「からみおろしそば」大盛。

DCIM2231.jpg
期間限定「ネバネバそば」普通盛。

ここのを食べると家で食べている乾麺はインスタント食品だなと感じます。
足を伸ばしてでも食べに行きたいビブグルマンのお店です。



週末には苫小牧市へ所用で行った際に時間が出来たので走ってきました。

DCIM2207.jpg
一周7.2Kmの「そよ風と遊ぶ道」
オッサンにはこのネーミングは、こっぱずかしくって言葉にできません。

DCIM2199.jpg
林の中や、歩道の脇がコースになっていて、

DCIM2204.jpg
500m毎に距離表示が有って、

DCIM2208.jpg
沼ノ端駅や公園がゴース上に有るのでトイレや給水ができます。

自転車の進入が禁止されています。
何箇所も道路を横断しなければいけないけれども気持良く走られました。
サンダルで快適に3周しました。
落ち葉の季節に再度走りたいものです。
2013.09.25 サドル
今年は自転車での長距離は自粛しています。
前立腺とサドルとのダイレクトな衝撃が何か気になって・・・・
Drには「関係ないよ」と言われていますが・・・・

お股とサドルが全く干渉しない自転車の種類でリカンベントの購入も考えたが今一気が進まない。

せめてもと、長距離用のロードのサドルを替える事にしました。
DCIM2183.jpg
カッコわる!
ISM ADAMOのROAD
これは本来トライアスロンやタイムトライアル系の物で、
尿道やその辺りの神経系を圧迫しないとの触れ込みです。


DCIM2182.jpg
いままでのselle ITALIA のSLRのチタンチューブ

サドルを選ぶ判断基準は、
薄い。
軽い。
かっこいい。
を旨とし、結果としてお尻にフィットすれば良しとしていました。
去年はこれで札幌~函館260Kmしても全く平気でした。

なのでお尻に合わなくて使わないサドルも車庫に溜まっています。

暫く不格好なISMに乗って試してみようと思います。
今一ワクワク感がおきません。
ヤレヤレ。

2013.09.24 小アジ
DCIM2154.jpg
イナダと一緒に売っていた。

家に帰って数えてみると丁度30匹有りました。
一匹、3円?

DCIM2165.jpg
南蛮漬け

ビールが進む事!

2013.09.24 イナダ
ぶどう狩りをしてから余市町に戻って魚屋で旬の魚を物色。
体長60cm近くあるブリ?ハマチ?
威勢の良い店のお兄ちゃんは「イナダかな~」と云っていたけど、どっちでしょうか。
小さめの体長30cm位のはフクラギとして3匹540円で売られていた。

DCIM2155.jpg
1000円のを購入。
お店のお兄ちゃんに3枚に下ろしてもらう。
当然アラも持帰り。

DCIM2157.jpg
これで半身分

刺身とシャブシャブにして頂ました。
アラは母がブリ大根に。


2013.09.23 ぶどう狩り
DCIM2147.jpg
先週の土曜日は小雨の降る中、余市町の隣の仁木町へブドウ狩りに行ってきました。
食べ放題の料金は農園によってまちまちでした。
大型バス等を受入れて宣伝もしている所は1000円以上するが、ここは時間無制限で700円。
持帰り分は60円/100gとの事。

ぶどう棚の一部はビニールハウスで覆われているので雨足が強くなったら避難できる。
キャンベル、ポートランド、旅路、ナイアガラ、デラウェア等等・・・
胃の中で発酵してるんじゃないかと云うほど食べました。

満足、満足。
新鮮な旬を現地で頂く幸せ。
DCIM2148.jpg

DCIM2153.jpg

DCIM2151.jpg
たわわな実り。
重量感ある姿は嬉しくなります。