FC2ブログ
2013.08.29 Edy
不真面目ランナーの楽しみは、走りながらの
①買い食い ②写真 ③音楽
で、それぞれ「小銭」「デジカメ」「ipod」が必需携行品となります。
デジカメとipodは小さい物が出て来たので助かります。
が、小銭はジャラジャラするし不足したり釣銭がたまったりでチョット。
妻にはランパンに小銭用の内ポケットを縫い付けてもらっています。

良い物頂きました。
DCIM2103.jpg
Edyのリストバンド

これでコンビニの店員さんに、汗で濡れた生温かい100円玉を渡さなくても良くなりました。
「シャリ~ン♪」

北海道マラソンの前日の土曜日に南郷の湯に車を停めて北広島市までの往復を走ってきました。

DCIM207900.jpg
北広島JR駅コンコース
手に持っているのは「塩サイダー」なる物で結構イケました。
ここまでは良い天気でした。

エルフィンロード、自転車道を普通に走れば片道約15Kmです。
北海道マラソンの前日なので走っている方は少なかったです。
自転車乗りは結構出没していました。
走り終わって南郷の湯に入って昼過ぎからの仕事に間に合いました。


DCIM2089.jpg
復路の途中で突然の大雨

雷がドカン、ドカン鳴り、道路が泡立ちました。
顔に大粒の雨、全身グショグショ。
ニュースによると、この大雨は清田区で道路を40㎝冠水させたゲリラ豪雨でした。
自転車乗り、ウォーキングの方は東屋や自転車の駅やトンネル内に避難しています。
避難している方の視線を感じながら一人バシャバシャ走るのは気持良かった。
妻には雨の中の走りをキツク禁じられているけど、この場合はしょうがないでしょ。
土砂降りの中の走りは大好きです。

脳内で変な物質が出ているのか気持ち良くなって、南郷14丁目がゴールのはずなのに、気が付いたら南郷7丁目まで下ってしまい、迷子になりました。




DCIM2093.jpg
2013北海道マラソンの私設エイドステーションで楽しまさせていただきました。

ランナーの皆様お疲れ様でした!
エイドは新川通り往路22k地点と復路30K手前で。
スタート後2時間は暑かった!
復路では気持ちの良い程のドシャ降り!
エイドしていたらランナーの後ろから見る見る雨が迫ってきました。
ドシャ降りのラインがランナーの背後から襲い掛かって来るのがわかりました。
TV放映を録画しておいたけどトップの選手には知らない世界ですよ。

私もマドンナも盛大に充分に楽しまさせて頂きました。
パフ!パフ!も思いっきり鳴らさせて頂きました。
マドンナもミストスプレーを腱鞘炎が心配になる程浴びせていました。
ありがとうございました。

私の希望の一般ランナーの応援ができてとっても幸せです!
パフ!パフ!
2013.08.24 ニセコ
時は8月19日
代休を頂いて

「大好きニセコに行ってきました
羊蹄山の山頂は雲の中だけど、暑くてっ…最後の夏!な空気です。」
恐るべし!またしても!さとーさんと同日に相似行動!

DCIM2042.jpg
ニセコミルク工房・プラティーヴォ

写真まで酷似!
似たようなアングルで写すとは。
うちらは野菜ビュッフェを腹一杯食べました。

他には当然JINでパン買って、水汲みして、豆腐買って!
帰りのルートも当然小樽回りで。
さとーさんのストーカーしているみたいですね。

産直所では規格外のトマトを一箱900円で買いました。
家に帰って数えてみると拳骨大のトマトが80個も。
妻がセッセとトマトソースにしました。

///////////////////

真狩村で豆腐を買って外に出ると、
最近トミに気になっているリカンベントが。

私、前立腺を患ってから自転車での長距離走はひかえています。
ので、サドルとお股が干渉しないリカンベントには興味津々です。

ライダーはニセコに長期滞在中の名古屋のお方。(私より年配)
色々と詳しくお話を伺えて楽しかった。

DCIM2036.jpg
ローレーサーの実物は初めて見ました。
(そのままなので画像のバックがゴチャゴチャで残念。)

カーボンフレーム
ディスクカバー
リア700C、フロント24のWO
スリック

DCIM2037.jpg
トロイテック・レボリューション
低重心で格好良い。



DCIM2039.jpg
前後デュラ
F2s×R10s
バーエンドシフト


DCIM2041.jpg
ピカピカなのに突然の雨で汚れてしまった。

重量9Kg台!

ライダーはカスクを被るこだわり。

このタイプはロードレーサーより速い!



2013.08.22 未来亭
自転車で札幌から岩見沢市に来てお昼ご飯とする。

市内中心部の住宅街にある「未来亭」
ここはどのメニューも量が多い事でも知られるお店です。
妻からはキツク大盛の発注は禁じられています。

お盆のお昼時で8割の客入り。
カウンター席に座る。
カツカレーを注文。
バチバチ、ジュージューとカツを揚げる良い音と良い香りがして10分程でカツカレー普通盛到着。
運んできた店主に「ご飯は何合位ですか?」って聞いたら
「2合か3合位かなー」って。
こういうお店の多くは経験上こんな感じです。
2合と3合とでは大変な差があるのにはっきりしない様です。

DCIM1944.jpg
見た感じ2合強か。

カツが乗っていると迫力出ますね。


DCIM1945.jpg
お皿と云うかお盆です。

ルーはトロミが強く普通に辛い。
運動した後には濃い味付けが嬉しい。
腹ペコにはお箸の食事じゃなくスプーンでかき込むワンプレートの食事が嬉しい。


DCIM1948.jpg
カツも大変にボリューミー。
衣で増量していません。
一所懸命に齧ります。
肉を頬張っている実感が有ります。
熱々で厚々でサックサク。

最後まで美味しく頂きご馳走様でした。
食後に無料でセルフのドリップコーヒーも美味しく頂いて満足、満足。

コーヒーを頂きながら完食の充実感にひたっていると、
新たに入ってきた若者がカツカレー大盛を無謀にも注文した。
しかし店のおばちゃんに、
「ご飯だけで4合以上有るが本当にダイジョーブか?」と何度も、脅されて、忠告されていました。
おばちゃんからは、
「先ず普通盛りを食べて、足りなかったらカツとカレーを追加してあげるよ」
との譲歩案も出されたが、大盛初心者?の若者は4合飯のイメージがつかない様でどうするか迷っている。
若者からは、
「残したら持ち帰っても良いですか?」との大変不謹慎で最初から敗北を認める発言まででる始末。
ギャラリーの私からの、
「若いんだからダイジョーブだよ。頑張れば食べられるよ。」との無責任なアドバイスの甲斐もむなしく、若者はおばちゃんの優しい忠告に従って大盛の発注を断念した。
おばちゃんの判断は正しかったと思います。

経験上このてのお店では大盛を注文した際に「大丈夫?」と聞かれた場合には、平気な顔で自信を持って「大丈夫!」と返答しないとオーダーがスムーズに通らないケースが多いです。

それにしても「4合以上の大盛飯」の実物は見たかったなー。
これの倍だものなー。

この間に隣の席のおじさんがザンギカレーを残り僅かでギブアップした。
後ろの席のカップルはカツ丼とザンギ定食の残りをパック2個でお持ち帰り。
(食べ物を粗末にしない良心のあるお店です。大盛を注文した際に客によっては品が出ると同時にパックも提供されると云う噂もあります。)

このお店は注文の際「少なめ」とか「半分」とか発言するのは普通に有りだそうです。
普通に美味しい、普通の街の普通の食堂です。

ただし、カウンターの上にコレが有るのは普通じゃない。
DCIM1954.jpg

//////////////

自転車、サイクリングの好きな理由の一つとしては出先でお腹イッパイ食べられる事もあります。
ランの場合だとセーブしないと一寸シンドイ。
(帰り道の江別市までは下ハン持てませんでしたが・・・・・)



2013.08.21 札幌~岩見沢
お盆休みにポパイのジャージーを着て自転車でチョットだけ走るつもりで札幌市白石区から北広島市までのエルフィンロードに行ってきました。

自宅から往復で約40Km強の予定でしたが途中からう少し走りたくなり大谷地のサイクリングロードから一般道に降りて先ずは長沼町へと向かう。

DCIM1957.jpg
大豆の葉が風でワサワサしていました。

DCIM1940.jpg
信号の無い一直線の道を快適に走る。

DCIM1933.jpg
長沼町の産直所でお八つ

柿ではありません。

DCIM1932.jpg
味の違いは分からなかった。

お腹が減ったのでお昼を食べに岩見沢市まで行く事に。

DCIM1935.jpg
より一層のどかな農道を走ります。

蝉の凄まじい鳴声が暑さに拍車をかけます。

DCIM1956.jpg
岩見沢駅

お昼御飯を食べてから国道12号線を通って札幌に戻る。

DCIM1958.jpg
麦の刈り入れの真っ最中。
江別名産「ハルユタカ」

農家の一番忙しい時期ですね。

DCIM19590.jpg
働くクルマを見るのも大好きです。

高い所から落として自然の風の力で不純物を飛ばしています。


DCIM1962.jpg
江別市の産直所でお八つ
甘い「アイコ」

汗かいている時のトマトは最高です。

暑さによる疲れと満腹感から眠くなったので日陰のベンチで30分程横になりました。
風がソヨソヨ。
幸せ幸せ。

日焼け止めクリームを2回も塗ったのに家に着いたらマックロケでした(元から黒いけれど・・・)。

/////////

ポパイのジャージー、ダイジョーブでした。
結構気持良かった。
いつもより車がシッカリと避けて追い越してくれた様に感じたのは気のせいでしょうか。


2013.08.20 ジャージー
自転車での長距離走は自粛しているので自転車に乗っていてもテンションがあまり上がりません。
テンションが上がらないとウキウキ感やワクワク感が物たりません。

そこで短い距離でもテンションが上がる様にモノに頼ってみました。







DCIM1925.jpg




DCIM1926.jpg


サロマにも出られていた「名栗のパンク王」さんのチームジャージーが格好良かったものだから。

これを着て一人でコンビニに入れるのでしょうか。
自転車乗りとしては安全上、車から目立つ格好をするのは正しい選択肢なのですが、
なにかコッチ方面はアブナイ選択肢の様な気もしてきました。


北海道マラソンまで後1週間となりました。
今年もまた私設エイドステーションを設営して楽しもうと思います。

場所は去年と同じ 「ここ」 辺りで往復のWで行います。
目印も去年と同じ 「これ」 です。
食料も 「こんな感じ」 です。

このブログをご覧のランナーの皆様、ローニャクナンニョ及び速い遅いを問わず是非お立寄り下さい。
あ、ランナーでなくても勿論OKです。
「はじめまして」「お久しぶり」のご挨拶もさせて頂ければ嬉しい限りです。
もちろんスペシャル可能ですのでナンナリとお申し付け下さい。
(去年はビールを自分で飲んじゃったけれど今年はダイジョーブ!)
パフパフを盛大に鳴らして楽しんでいます。

今年は我らのマドンナも追っかけ応援の予定です!
パフ!パフ!