FC2ブログ
2013.07.31 ジテツウ
もちろんジテツウ (自転車通勤の略)しています。

夏の時期の楽しみはチョット早めに自宅を出ていつもの通勤コースの琴似発寒川で道草する事です。
岸に腰掛けて川の流れ見ながら缶コーラ等を飲んでボケーッとします。(何時もボケーッとしてますが)
ちょっとの時間でも長く感じます。

DCIM1687_20130730153736410.jpg
今日は妻の自転車で。

北海道の暑さも後1か月ですね。
楽しまねば。
職場のお祭りに出撃してきた、ストームトルーパー。

DCIM1674 (2)

幼児を泣かせていました。
幼児にとっては 「ナマハゲ」 と何ら変わら無いのでしょうね。

また30歳以下だと知らない方が多いのには驚きでした。
「何あれ?」 だの 「ロボット?」 だの 「エイリアン?」 等は良い方で、
ヒドイのになると 「ガンダムだ!」 ですと。

40~50歳台にかけては皆さん良くごぞんじでした。
が、ゴコーレーの方は知らない率が高かった(あったり前か)。

上の画像は501st日本部隊への入隊勧誘ポスターの前で。


DCIM1678_20130728184451.jpg
目と口の部分は極細かいメッシュになっていました。

このイデタチで秋にはチャリティーマラソン大会10Kmの部に同類と出るそうです。
他の大会での5Kmは完走済みだって。
ガッチャ、ガッチャ、ガッチャってさせて。
2013.07.28 ポタリング
土曜日は午後から仕事だったので、午前中にポタリング(自転車散歩)

DCIM1665.jpg
北海道立美術館でシャガール展を。

ここの2階のサンルームみたいなソファー席大好きです。
外の強風も何のその、ポカポカでゆっくりできます。
高校出てローニンしていた時も良くここに座ってボケーッとしていました。

DCIM1666.jpg
大通り公園ではブラスバンドが練習中。

DCIM1667_20130727121617.jpg
北海道大学総合博物館

何時も来るたびに思います。
「一日かけてゆっくり見てみたいな」と。
ここはタダ。

DCIM1644.jpg
札幌市「大将」の肉チャーハンの大盛

器はお皿では有りません。
ラーメン丼です。
深さ有ります。
チャーハンの上にお肉がテンコ盛り。
チャーハンは1.5合位でしょうか。
チャーハンはパラッとしています。
普通に美味しい。
お肉が被さっているので最後までチャーハンは熱々です。
丁度良い満腹感です。


以前、ここには大盛の上に、
「ギガ特盛り肉チャーハン」と云うのが有りました。
それは2.5合有りました。
洗面器みたいな丼で出てきました。
そのメニューはもう無い。
このブログを始める前に行ったので写真も無い。
結構な満腹感でした。



2013.07.26 カレーパン
DCIM16520.jpg

小樽市中心部にある「友和のパン」のカレーパン

この形のカレーパンは珍しいですね。
具沢山で辛くない。
奥のはサラダパン。

昔ながらのパン屋さんです。
買い方もトレーとトングで自分で取るのではなく、
ショーケース内からお店の人に「これと、これ」と指さして取ってもらう形式。
ビニールではなく紙袋に入れてくれるのも嬉しい。

本格的なハード系の薪窯焼きのパンも好きだけれど、これはこれで大好きです。

(今回のブログから画像をクリックすると大きくなる様にしてみました。)






先日、美唄市の観光農園で狩ってきた「ハスカップ」の一部を妻が塩漬けにしておいた。

それで作ってくれた 「ハスカップご飯」

DCIM1657.jpg
適度な酸味、ピンク色、と全てハスカップからのものです。

白いプチプチは胡麻。

暑い盛りには酢飯が食欲増進してくれます。
(普段から大食いなのにこれ以上ゾーシンしてどうする!)


こんな所でなんですが、
この時季の北海道は自転車乗りにとってベストシーズンです。
これから夏休みを迎えると道外の自転車乗りも大勢来道して道内各地を走ります。

自転車乗りにとって日本の道路状況は劣悪です。
特にトンネルは自転車にも歩行者にも配慮されていない所がとても多い。

それに加え、トンネル内でライトを点けない車がいます。
車音だけをワンワン・ゴウゴウと側壁に反響させながら後方から迫ってくる恐怖は大変なものです。
チンチン縮みあがります(元が元だけに埋没します)。

ただでさえ恐ろしいトンネル内走行が無灯火の車からは「自分の存在が認識されていないのではないか?」「見落とされているのではないか?」「引っ掛けられるのではないか!」と恐怖心も増幅されます。

運転の上手なプロドライバーはきちんとライト点けます。
運転の下手なヘボドライバーに限ってライト点けないので尚更恐怖です。

トンネル内に自転車の逃げ場は無いのです。 

自転車乗りは車体やジャージーに反射素材を付け、後ろに赤いライトをピカピカさせて自分の存在をアピールしています。
派手なジャージーを着ているのも車から発見されやすくする為です。

ご存知のように反射素材はライトで照らされて初めて光りを反射します。
その為には車幅灯(スモールライト)の点灯だけでは不十分です。
(そもそも車幅灯だけでの走行は違反ですが。)

車を運転される方に是非お願いします。

前照灯をケチらないでシッカリと点灯して下さい。
自転車や歩行者を暗闇の中に浮かびあがらせて下さい。


(以上が今日、北海道新聞に掲載になった「読者の声」の元ネタ原文です。)




2013.07.20 バリスタ
こんなの家で使って楽しんでいます。

DCIM1405_20130622110155.jpg
コーヒーの粉の補充にはコレ専用のパック(チョットお高め)のみが可との事。

DCIM1406_20130622110158.jpg
補充口の特殊形状 (コレ専用の粉のパックとのみ合体出来る仕組)が、 「ズルは絶対させないぞ!」 と言っています。

DCIM1445_20130622110125.jpg
エイッ!

大成功でした。

めでたし、めでたし。
ネスカフェバリスタエクセラ補充裏技ジョウロコーヒー詰 替 ゴールドブレンドシステムパックエコつめかえ焙煎