FC2ブログ
大晦日に走り納めをするのはここ何年間も恒例としています。
夕方前にゆっくりと2時間半いつもの宮ヶ丘~西町~平和辺りを走ってきました。
年の瀬に勝手に好きな事をできるのは本当にアリガタイ。
家族連れが歳末の品を抱えて笑いながら歩いている横を走るのは微笑ましくて楽しいです。
幸せ、幸せ!

途中のエイドでコンビニに寄ると
DCIM0881.jpg
こんなスペシャルエイドや、スーパーに寄ると
DCIM0837.jpg
こんなスペシャルエイドの誘惑がありました。

神様が大晦日に私の煩悩を試されてるのでしょうか?
走っている最中ですのでミカンを箱や袋では買えません。
買う可能性がゼロなのに試食するのは如何なものか。
我慢するのが結構辛かった。
(本当は一個摘みました。スミマセン)

相変わらず甘酒やホットコーヒー等を飲んで再度走りだしました。

西町の5号線から西野二股までは大渋滞してました。
動かない車の列を横目に走るのは快感です。
しかしこれも考えてみると神様が私の煩悩を試されているのか?
何も悪いことしていない車の方々に対して優越感やザマーミロ感を感じるのは如何なものか。
この邪念を払拭するのも大層難しい。

ってな事で相変わらずイイ年コイテも頼りない我が身です。
来年は少しは成長せんといかんな!
今日から年末年始の休みです。
天気が良いので小樽市手宮の「湯の花」まで走って行って来ました。

DCIM0851.jpg
「張碓峠」
今朝、除雪車が入ったばかりですね。
私の前には足跡一切なし!
私の為に除雪してくれたみたいです。
贅沢、贅沢!

峠ではリュックの水筒の水がシャーベットになっていました。
体は熱いけど寒い!(?)

冬の遠出はコンビニ等でゆっくり休めないのが難点です。
ゆっくりしてたら汗が冷え切っちゃって歯がガタガタ鳴ってしまいます。
温かな甘酒等を飲んだら直ぐに走り出します。

約37kmで湯の花(入浴料600円)着。
帰りはビール飲みながら無料の送迎バスで宮の沢へ。

2012.12.24 嘉心
裏参道にある和菓子の「嘉心」
「ずくめ団子」が有名ですが季節や行事の和生も楽しい。
ベストタイミングで訪れないと直ぐ売り切れてしまう。

ここの「干し羊かん」はマラソン大会にて「ココゾ!」てな所で食べると走っている事を一瞬忘れてしまう程の旨さです。



DCIM0844.jpg

Merry Christmas!    


2012.12.22 南路屋
北区にある、お好み焼き「南路屋」
頼んだのはブリックス(チーズ入りモダン焼)のジャンボ。
モダン焼(お好み焼きの焼きそば入り)のジャンボは麺が4玉となる。
注文した際にご亭主が「多いけど大丈夫なの?」と首を傾げてくれました。

DCIM0815.jpg
目の前で焼いてから席の前の鉄板(下がコンロになっている)に持ってきてくれる。
最後まで熱っ熱っ!

DCIM0817_20121222200112.jpg
自家製マヨネーズとソースは途中で足してくれる。
大量のキャベツに豚肉、エビ、イカ、チーズとボリュームは有るけど広島風なので意外とあっさりしています。

DCIM0821.jpg
最後まで美味しくいただけました。

広島風は麺4玉が限界だそうです。
それ以上多くなるとひっくり返せない。
プロの技を見せてもらいました。
土曜日は仕事の予定が急になくなり急遽自宅の札幌からオタルまで自転車で行ってきました。
今年の札幌、小樽は本当に雪が多い!
この時期はほとんど車道を走れませんので歩道を行く。

DCIM0840.jpg
ヘロヘロになって南樽市場着。

DCIM0839.jpg
休憩コーナーで市場のお惣菜(あんこうの空揚、ザンギ)と亀十のスパゲティパンでお昼。
この後小樽駅まで行って帰路につく。

DCIM0841.jpg
帰りの張碓峠

気温が+1℃と暖かなので雪がザクザクしていてスパイクタイヤのトラクションが利かず下りでもペダルを踏まないと進みません。
歩道は一応除雪車が通った形跡はあるのだがその後に積もった雪に足跡が付いてそれが固まりボコボコになっている。
足だけでなく首と腕に応えます。
往復60Kmでアベレージが14Kmしかでませんでした。
雪に突っ込んでの転倒は3回。
ボトルもどこかで落っことしちゃったようです。
小樽を目指すランナーとは3人会いましたが自転車乗りはいなかった。

良い汗かけました。


2012.12.12 ペースダウン
7月からこのブログを始めましたが少しペースダウンしようと思います。
ほぼ毎日なにがしら日記してきましたが、ちょっと真面目すぎた。

ムリクリ書いた日も確かにあった。
ブログの記事にするのが目的の行動も確かにあった。
一つの出来事を細分化した事も確かにあった。

自転車や走りと同じくちょっとペースダウンして不真面目になってみようと思います。
すると、ちがう視点で物が見られるかもしれません。

沢山の方が見に来てくれるのは嬉しいものです。
コメントを頂くのもこれまた嬉しい。

これからは週一くらいが良いかなーっと。
宜しくお付き合いの程お願い申し上げます。

2012.12.11 ビーツ
DCIM0827.jpg
ビーツのポテトサラダ

今年の我が家のヒット料理です。
ポテトサラダを作る際に茹でビーツも混ぜるとこうなりました。
賽の目にすると食感も楽しい。

産直市場でビーツを見つけると必ず手を出します。